Entries

東電新再建計画-原発再編実現性なし、

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2129:柏崎刈羽原発売却で廃炉費用を!!!!!!



もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

そして、
4年7ケ月で再稼働(発送電)をさせちゃいました。

自分の無力さを感じます。

なんてやつらだ!!!
やつらの頭の中をのぞいてみたい。


「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




プルサーマル発電ですよ。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・





◆東電新再建計画-原発再編実現性なし、
柏崎刈羽原発売却で廃炉費用を
 

 東京電力が新たな再建計画「新々総合特別事業計画」をまとめた。送配電や原発事業で他の電力会社と共同事業体を設立した上で、将来的には再編統合を果たし、稼ぐ力をつけるとした。
 ただ再編に前向きな他社は現段階で見当たらず、早くも実効性に疑問符がつく。エネルギー政策に詳しい東京理科大大学院の橘川武郎教授に課題を聞いた。

-東電が発表した再建計画をどう見ますか。

 「実現性が皆無と言っていい。原発事業で東電と組むと、福島原発事故の処理費用を支払わされるリスクが発生する。他社にとっては株主の理解を得られず、乗れる話ではない」
 「いまの計画だと(除染や賠償などの)国民負担が相当求められる。国民負担の議論は、東電が徹底的なリストラをやってからすべき話で、順番が逆ではないか。まずやるべきは柏崎刈羽原発の完全売却だ」
 (5月16日新潟日報より抜粋) (紙面のみの掲載でネットに掲載なし)

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
6月10日です。
4時から 



◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
7月8日です。
8月12日です。
9月9日です。
10月14日です。
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

柏崎刈羽原発差止訴訟の準備書面を先行公開

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2128:柏崎刈羽原発にはまともな緊急時対策所がありません
大津波(大地震の後に来る)の対策の要の防潮堤が大地震の時には地盤が液状化して耐えられないことが発覚!!!!!!



もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

そして、
4年7ケ月で再稼働(発送電)をさせちゃいました。

自分の無力さを感じます。

なんてやつらだ!!!
やつらの頭の中をのぞいてみたい。


「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




プルサーマル発電ですよ。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・





◆柏崎刈羽原発差止訴訟の準備書面を先行公開
柏崎刈羽原発にはまともな緊急時対策所がありません
大津波(大地震の後に来る)の対策の要の防潮堤が大地震の時には地盤が液状化して耐えられないことが発覚
 └──── 伊東良徳 (弁護士)
 

 5月18日の柏崎刈羽原発差し止め訴訟第19回口頭弁論期日で陳述する準備書面を先行公開しました。
http://www.shomin-law.com/katudoukashiwazakikariwasashitomejunbishomen53.html

概要は、次のとおり。

 福島第一原発事故の際、事故対応の拠点となった免震重要棟。
 柏崎刈羽原発では、その免震重要棟が大地震(基準地震動)に耐えられないため使えず、唯一の緊急時対策所となる5号炉緊急時対策所が、福島第一原発事故の時に水素爆発で破壊された場所(に相当する場所)にあるという重大な欠陥があって、結局、柏崎刈羽原発には、まともな緊急時対策所がありません。

 大津波(大地震の後に来る)の対策の要の防潮堤が大地震の時には地盤が液状化して耐えられないことが発覚し、それに続いて大地震に起因する重大事故での使用を第一に想定する(そうでなければ「免震」の意味がない)免震重要棟が大地震に耐えられず、福島第一原発事故と同等の放射性物質放出時にも重大事故対処に用いるための緊急時対策所が福島第一原発事故で破壊された場所に作られる。

 こういうことを見ると、東電の重大事故対策は、根本的に設計思想レベルで深刻な欠陥がある(東電には重大事故対策の立案・実施能力がない)と考えざるを得ません。
 そして、東電が、免震重要棟の耐震性について虚偽説明を続けていたことは、東電の安全対策に関する主張全般の信用性に疑問を生じさせます。

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
6月10日です。
4時から 



◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
7月8日です。
8月12日です。
9月9日です。
10月14日です。
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

5/12リレーデモ最終日の報告 「再稼働反対!」「私たちは諦めない」

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2127:ドンドコドン、うす曇りの福井市中心部に太鼓の音が響く!!!!!!



もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

そして、
4年7ケ月で再稼働(発送電)をさせちゃいました。

自分の無力さを感じます。

なんてやつらだ!!!
やつらの頭の中をのぞいてみたい。


「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




プルサーマル発電ですよ。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・





◆ドンドコドン、うす曇りの福井市中心部に太鼓の音が響く
5/12リレーデモ最終日の報告
「再稼働反対!」「私たちは諦めない」
 └──── 藤岡彰弘 (反原発市民の会・富山)
 

 ドンドコドン、うす曇りの福井市中心部に太鼓の音が響く。
 高浜原発再稼働反対を求め、県内各自治体を歩いて回るリレーデモの最後の仕上げ、福井市への要請行動に私も参加した。
 パソコンの画面を見入る職員たちのすぐ脇で、要請書が読み上げられ、それぞれの参加者のおもいが語られる。なかでも危機防災管理の本当の仕事は避難計画を作ることではなく、事故のもとを絶つことではないかと訴えかけることばが印象的だった。
 そのあと代表7名は、やすやすと再稼働を容認した福井県知事に対する厳しい抗議と要請を行うため、まさに「福井城」本丸の県庁舎へ。他の参加者は福井市内を歩いてもう一回り、ちようど下校途中の小中学生とすれ違っていく。
 夕方6時、県庁横の中央公園でリレーデモのまとめの集会がはじまる。1週間に及んだ連続行動の疲れも見せず、元気な力強い報告が相次いだ。
 私も関西各地や東京など全国から集まった者の1人として、志賀からのアピールをさせていただく。
 集会後、市街の大通りをデモ行進、「再稼働反対!」「私たちは諦めない あきらめるのは関電だ!」、夜の街頭にシュプレヒコールの声が響いた。

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
6月10日です。
4時から 



◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
7月8日です。
8月12日です。
9月9日です。
10月14日です。
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

「免震棟問題-東電全戸で謝罪へ、柏崎・刈羽月末から」

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2126:「免震棟問題-東電全戸で謝罪へ、柏崎・刈羽月末から」!!!!!!




もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

そして、
4年7ケ月で再稼働(発送電)をさせちゃいました。

自分の無力さを感じます。

なんてやつらだ!!!
やつらの頭の中をのぞいてみたい。


「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




プルサーマル発電ですよ。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・





◆「免震棟問題-東電全戸で謝罪へ、柏崎・刈羽月末から」
 
         
 東京電力柏崎刈羽原発の免震重要棟の耐震性不足を巡る問題で、東電が立地地域の柏崎市と刈羽村の全世帯を訪問し、問題の説明と謝罪を行う方針であることが10日、分かった。
 関係者によると、5月末から数カ月かけて、社員が計約4万1千軒を戸別訪問する。東電は2015年以降、同原発で進める安全対策などを説明するため全戸訪問を続けており、免震棟問題も加えて謝罪する。
 東電は13年9月、原子力規制委員会に柏崎刈羽原発6、7号機の審査を申請。重大事故時の対応拠点となる免震棟の耐震性不足を14年に把握していながら、今年2月の審査会合まで明らかにしなかった。(後略)
 (5月11日新潟日報より抜粋)
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170511323113.html

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
6月10日です。
4時から 



◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
7月8日です。
8月12日です。
9月9日です。
10月14日です。
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

東芝凋落の本質   竹田茂夫(法政大教授)

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2125:東芝凋落の本質   竹田茂夫(法政大教授)!!!!!!




もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

そして、
4年7ケ月で再稼働(発送電)をさせちゃいました。

自分の無力さを感じます。

なんてやつらだ!!!
やつらの頭の中をのぞいてみたい。


「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




プルサーマル発電ですよ。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・





◆東芝凋落の本質   竹田茂夫(法政大教授)
 
         
 発端は粉飾決算に関する一昨年1月の内部告発だった。その後、坂道を転がり落ちて1兆円超の連結赤字と上場廃止寸前にまで至ったわけだ。
 大方の論調は経営陣のパワハラや企業統治の不備や企業の合併・買収(M&A)の失敗を指摘して、投資家への責任を強調するが、巨大企業はまず地域や顧客や国民に責任を負っている。問題の本質は、政権・経済産業省・原子力ムラ・原発企業等からなる「日本株式会社」の失敗にある。
 東芝凋落で示されたのは安倍政権の成長戦略の危うさだ。
 東芝の原発事業で転機となるのは
 1.2006年の米国原発製造会社(WH)買収
 2.3・11後の事業継続
 3.2015年末のWHによる原発建設会社の買収だ。重大な決定はどう正当化できるのか。

 1.について、相場の2倍の買収額は非常識としても当時の「原子力ルネサンス」の流行を考慮して東芝トップの決断を擁護する議論がある。だが、なぜWHは売りに出されたのか。それに時代の雰囲気に抗して、しっかりした代替案をもつ反原発の少数意見もあったのだ。
 2.フクシマ後、シーメンス社はドイツ世論に沿う形で、GE社は原発の採算性から原発撤退に踏み切ったが、政権に頼る日本の原発御三家の対応は安易すぎないか。
 3.膨張する可能性のある孫会社の隠れ債務をなぜ見逃したのか、説明はない。
(5月11日東京新聞朝刊25面「本音のコラム」より)

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
6月10日です。
4時から 



◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
7月8日です。
8月12日です。
9月9日です。
10月14日です。
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:56才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり