FC2ブログ

Entries

資格なき東電柏崎刈羽再稼働容認  

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2284:規制委員会の更田新体制も露骨な再稼働推進機関!!!!!



もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・



◆資格なき東電柏崎刈羽再稼働容認  
規制委員会の更田新体制も露骨な再稼働推進機関
 └──── 渡辺寿子(原発いらない!ちば)
 

1.申請後も欠陥隠し次々発覚

 原子力規制委員会は10月4日東京電力柏崎刈羽6、7号機について新規制基準に「適合」するとの審査書案を了承し、事実上再稼働を容認しました。再稼働すれば福島第一原発事故を起こした東電として事故後初めての再稼働となり、事故炉と同じ沸騰水型炉としても初めての再稼働となります。
 東電は2013年9月柏崎刈羽の新規制基準適合審査を申請しました。東電は柏崎刈羽の再稼働に強い意欲を持っていたのに、東電に強い不信感を持っていた当時の泉田知事に対し「現時点での安全性がどれくらいかを確かめてもらうのが今回の申請」とごまかしの説明をしました。
 審査の過程では防潮堤の地盤が液状化する恐れや、事故時に対策拠点となる免震重要棟の耐震不足について東電は把握していながら規制委に事実と異なる説明をしていたことが発覚。規制委は東電に申請書を総点検させ、6月に再提出させました。

2.東電の「決意表明」だけで再稼働容認

 東電は柏崎刈羽で数々の違反、欠陥隠しをしていたので、規制委は当初東電に原発の運転資格があるのか疑問視していたとされ、田中委員長は「福島の廃炉をやりきる覚悟と実績を示すことができなければ、運転する資格がない」と断じていました。
 ところが8月に入って東電側が文書や口頭で、福島第一原発事故を収束させ、柏崎刈羽を安全第一に運転する決意を表明したことで、田中委員長は態度を一変させ、審査書案了承につながりました。
 7月、東電の川村会長が福島第一原発事故のトリチウム汚染水について「(東電として)決断はもうしている」と述べ、海に放出する方針を明言しました。これに対し田中委員長は以前から東電に海洋放出を求めていたにもかかわらず、「はらわたが煮えくり返る」と不快感を示していたのです。
 田中委員長は、7月末の柏崎刈羽視察、8月30日の定例会議での「東電責任者との意見交換」と2つの儀式をした後に再稼働容認の流れを演出しました。
 最初は電力会社に厳しいことをいって、再稼働反対の世論に期待を持たせ、最後には態度を変えて電力会社の立場に立つ。田中委員長は就任以来それを繰り返してきましたが、最後まで世を欺くペテン師を演じたのでした。

3.東電擁護露わな更田新委員長

 田中前委員長は柏崎刈羽再稼働にゴーサインを与え、退任の花道?としたかったようですが、あまりにひどい掌返しが批判されるのを恐れてか実現できず、後は更田氏が引き継ぎました。
 9月27日の会合で事務局が示した審査書案に対し委員から質問があり、結論に至らず、10月4日の会合を迎えました。ここで事務局が1時間かけて質問に回答。その後異論もなく、更田委員長と委員4人の全員一致で審査書案を了承したということです。了承の結論は最初から決まっていたのに、わざと一拍おいて、いかにも議論したように見せかけたのでしょう。
 更田氏は9月6日の会合で東電擁護の以下の発言をしました。
○東電の技術力が劣っていたから福島第一原発事故が起きたのではない
○どこの電力会社でもあれだけの津波に襲われた場合には事故に至った
○技術力や安全文化で特に東電が劣っていたと考えるのは間違いではないか
○東電が悪かった、だから事故が起きたというのは一種の思考停止であって、今後の原子力安全をを考える上でマイナスの面もある等々。
 更田氏は、巨大な津波の来襲が科学的に予測されていて、その対策を規制側も東電も検討したのに、実行するのを怠ったこと、それ故当時の東電幹部が起訴され、刑事裁判にかけられていることを無視しています。
 更田氏は福島第一原発事故と柏崎刈羽の再稼働は一体のものとして考えるべきです。更田氏自身以前「あれはあれ、これはこれとはいかない」といっていたことをすっかり忘れてしまったようです。
 更田新委員長もまた原子力マフィアであり、その下の規制委も田中体制と同じく再稼働推進機関であることを今回の再稼働容認は如実に示しています。
  (その2へ続く)
(原発いらない!ちばネットワークニュース2017年10月号より許可を得て転載)

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
11月11日です。


◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。





ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://40010111.blog75.fc2.com/tb.php/3237-26896315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:57才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり