fc2ブログ

Entries

東電福島第一原発大事故の責任を問う 「下」(2回の連載)

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2218:勝俣・武藤・武黒の刑事裁判始まる強制起訴から公判へ~やっと裁判、長い年月がかかった!!!!!



もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

そして、
4年7ケ月で再稼働(発送電)をさせちゃいました。

自分の無力さを感じます。

なんてやつらだ!!!
やつらの頭の中をのぞいてみたい。


「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




プルサーマル発電ですよ。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・





◆東電福島第一原発大事故の責任を問う 「下」(2回の連載)
 勝俣・武藤・武黒の刑事裁判始まる強制起訴から公判へ~やっと裁判、長い年月がかかった
 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎)
 
 
    ※「上」は8月7日発信の【TMM:No3146】に掲載

◎論点…「原発を止めておけば良かった」
   運転を止めていた4~6号機は炉心溶融も使用済燃料の溶融も起こらなかった

 もちろん原発事故に伴う人的被害や物的損害は、津波によるものだけではない。しかし、あれもこれもと付け加えていけば、立証も膨大になるし何よりも時間が掛かりすぎる。
 そのため起訴状の論点は津波の予見可能性つまり津波の発生が予見できたか、その因果関係、さらに「結果回避可能性」に絞られている。
 「結果回避可能性」とはあまり聞き慣れないが、福島第一原発事故において最も端的に指摘できるのは「原発を止めておけば良かったではないか」であろう。
 現に、津波をかぶった1号機から6号機の内、運転を止めていた4~6号機は炉心溶融も使用済燃料の溶融も起こらなかった。4号機の使用済燃料プールが危機的状況になったが、これは隣接する3号機の爆発と、4号機自体も爆発で破壊されたことが原因だ。この爆発原因は解明されたとは言い難いが、この際は水素爆発であったとしても結論には大きな違いはない。

 止めていたので最悪の事態を免れたのだから、全原発が止まっていたら、やはり大量の放射性物質の放出はなかったと考えられる。これなら津波対策について事故のわずか4日前に原子力安全・保安院に報告した時に、一緒に停止していたら事故は起きなかった。「たった4日で何が出来るのか」との反論は当たらない。

 津波の予見可能性は、もっと多くの資料が裁判所に提出されている。
 特に2008年には2月から3月にかけて数多くのメールが証拠として出されているが、その主張は想定津波が10mをはるかに超えるので、何らかの対策は必要、それは今村東北大学教授ら専門家の見解でも明確になってきているというもの。
 このことで、巨大津波対策として「10m盤」(注)に10mの高さの防潮堤を作るとのシミュレーションが4月に明確に示された。
 防潮堤建設には1000億円ちかい費用がかかることは、既に公表されている吉田調書の中で、当時は原子力管理部長だった吉田氏が、数値は曖昧にしつつ証言している。

 このことは当然、勝俣恒久会長にも「御前会議」において示され、その後、武藤副社長により凍結され、これだけの規模の津波対策は、土木学会の評価を待つとの決定がされた。これが「何もしないまま3.11に突入した」大きな図式の一コマである。
 こんな工事を始めれば当然原発を止めなければならない。運転開始40年を目前にしていた東電だが、地震の被害と度重なる不祥事で柏崎刈羽原発がまともに稼働できない状態にあった。創業以来最大の赤字決算となった2008年度第1四半期発表(7月)の時期と重なった、想定を超える津波の評価結果が、事態を最悪の方向に向かわせた。
 これが津波発生を予見し、解する可能性があったのに、原発を止めなければならないそれを怠った刑事責任の大きな背景に横たわる。

◎これからのこと…九州電力、四国電力に続き関西電力も
         原発の再稼働を強行した。それへの警告

 東電取締役に対する株主代表訴訟でも同様の「予見可能性」が争点となっている。東電への賠償訴訟も数多くある。これらにも大きな影響を与える。
 刑事裁判では、検察や検察審査会が捜査、審査した資料も証拠として提出される。証言は強制力を持って法廷で行われる。これらが他の裁判に与える影響は巨大だ。
 さらに、裁判所から外に出て考えることも大事だ。
 現在、九州電力、四国電力に続き関西電力も原発の再稼働を強行した。これら原発で事故が起きれば、厳しく刑事責任が問われることになれば、それぞれの電力会社の取締役に対しては、安易に再稼動をすることに対して大きなブレーキとして働くであろう。
 また、国の原発政策や原子力損害賠償法などの規定についても大きな問題として提起される。
 福島第一原発も国の審査を通過して運転してきたのだから、国のお墨付きが有ったと言える。しかしそれでも事故を起こせば刑事責任が問われることになる。国の審査を通過したから安全性が確保されるとは、刑事責任においても言えなくなる。
 これらは原発の運転を容認する自治体への大きな警告になるだろう。
 原発の再稼働、新増設、再処理工場などの核燃料サイクル施設の稼働を止めるためにも、この裁判は重要だ。

(注)「10m盤」
 福島第一原発1~4号機の原子炉建屋とタービン建屋が建つ海抜10メートルの高さの敷地。

 ※『月刊たんぽぽニュース2017年7月号に掲載された原稿』
 

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
9月9日です。


◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
10月14日です。
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://40010111.blog75.fc2.com/tb.php/3169-42e7d695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:57才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり