Entries

「セシウム、野生キノコの胞子で再飛散か 気象研など調査」

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2065:「セシウム、野生キノコの胞子で再飛散か 気象研など調査」 !!!!!!




もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

そして、
4年7ケ月で再稼働(発送電)をさせちゃいました。

自分の無力さを感じます。

なんてやつらだ!!!
やつらの頭の中をのぞいてみたい。


「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




プルサーマル発電ですよ。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・





◆「セシウム、野生キノコの胞子で再飛散か 気象研など調査」
朝日新聞デジタル版記事の紹介
 └──── 渡辺悦司(市民と科学者の内部被曝問題研究会会員)
           
                                                  
 朝日新聞デジタル版に「セシウム、野生キノコの胞子で再飛散か 気象研など調査」という記事が出ています。
重要事項なので、ぜひご覧下さい。
 http://www.asahi.com/articles/ASK372QQRK37UBQU004.html

 主な内容は、「帰還困難区域の山林でキノコ胞子がセシウムの再拡散に関わっている可能性がある」ということです。
 「浪江町北西部の山林で大気中の粒子を集め、金沢大の牧輝弥准教授(微生物生態学)が遺伝子解析したところ、キノコ類の割合が高いことが判明」したと。
 同記事は、線量が夏期に5倍ほどに上昇する現象があることを指摘した上で、「上昇時の濃度を人の被曝(ひばく)線量に換算すると、自然界からの年間被曝線量(2.1ミリシーベルト)の1万分の1以下」だとして、「人体への影響は考えられないほど低い」と強調しています。
 具体的な数値としては、「胞子の放射能濃度を測ると1グラムあたり最大143ベクレルを検出」されたと書かれています。
 そうだとすると、1キログラム当たりでは14.3万ベクレル、政府の指定放射線廃棄物の基準8000ベクレル/kgのおよそ18倍になります。
 胞子そのものの放射線濃度は、生物濃縮の結果極めて高いレベルです。
 朝日新聞は大阪大学の二宮和彦助教(放射化学が専門とのこと)の発言を引用していますが、それは「セシウムを含むキノコ胞子が飛散している地域の空気を吸っても健康に全く影響ないレベル」というものです。
 これは、はっきり言って嘘です。
 記事が、一方で、政府の指定放射性廃棄物基準(これは異常に高い危険な水準ですが)の20倍近い濃度の放射性微粒子が飛散しているという事実を指摘しながら、他方で、そのような放射性微粒子が飛散している空気を吸っても「健康に全く影響がない」と公然と主張するのなら、詐欺的な主張をしているのは明らかです。
 胞子のように、粒径の小さい放射性微粒子は、
(1)高い割合でが肺の奥(肺胞など)に沈着し、
(2)ナノサイズのものはそのまま体内に取り込まれ、しかも、
(3)容易には体外に排出されないで、
(4)長期にわたり放射線を照射し、周囲の組織を被曝させます。
 したがって、微粒子に含まれる放射能量が数値的にわずかに見えても、極めて危険です。こんなことは、放射化学の専門家なら誰しも分かるはずです。
 また、朝日新聞の記事を書く記者なら、研究調査する前から「健康に全く影響がない」などと断定することなどできないことは、当然既知のことのはずです。
 これらのことから、上記の朝日新聞デジタルの記事は、「放射性セシウムがキノコ類の胞子によって拡散されており、その放射能濃度は放射性廃棄物の政府基準の18倍に上るという重要な事実を指摘している」と同時に、「その事実の意味について、一方的に何の根拠も挙げずに『健康に全く影響ない』という虚偽の主張」をしており、極めて危険な内容を含んでいると言わなければなりません。
 放射性微粒子の特別の危険性については、われわれは、かねてより、とりわけて強調してきました。
 われわれの本、『放射線被曝の争点』(遠藤順子、山田耕作氏との共著緑風出版)でも、1章を割いて取り上げております。
 また、以下のサイトにもありますので、ご参照下さい。
 http://blog.acsir.org/?eid=31
  

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
4月8日(土)です。
4時から 



◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
5月13日です。
6月10日です。
7月8日です。
8月12日です。
9月9日です。
10月14日です。
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://40010111.blog75.fc2.com/tb.php/3015-db65203c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:56才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり