Entries

原発事故被害者の無償住宅支援を継続せよ

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 1937:年1ミリシーベルトを満たすまで賠償や支援を継続すべき!!!!!!




もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

そして、
4年7ケ月で再稼働(発送電)をさせちゃいました。

自分の無力さを感じます。

なんてやつらだ!!!
やつらの頭の中をのぞいてみたい。


「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




プルサーマル発電ですよ。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・





◆原発事故被害者の無償住宅支援を継続せよ
年1ミリシーベルトを満たすまで賠償や支援を継続すべき
10/26「原発被害者の救済を求める請願署名提出集会」に参加
 └──── 冨塚元夫(たんぽぽ舎ボランティア)
 
           

10月26日参院議員会館講堂で開かれた「原発被害者の救済を求める全国運動 請願署名提出集会」に参加しました。
-自主避難者は追い詰められています。もっと大きな支援が必要です。

請願署名の内容は、以下の通りです。

1.原発事故被害者の無償住宅支援の継続を求める
2.住民の意向を無視した、早期の避難指示区域の解除と賠償の打ち切り方針の撤回を求める。最低限、国際的な勧告に基づく公衆の被ばく限度である年1ミリシーベルトを満たすまで賠償や支援を継続すべきです。
3.福島県内外における検診の充実・拡大と医療費の減免を求める。

 180名が参加、193,197筆の請願署名を国会に提出しました。自主避難者の住宅無償供与打ち切りまで5か月、大半の避難者の皆さんが4月以降決まっていないということで、今支援が打ち切られてしまうと、路頭に迷ってしまう、あるいは経済的な理由から困窮してしまう状況の下で開かれたものです。
 この全国運動は2013年9月に発足し、この日第三期署名運動のしめくくりです。
第一期と第二期を加えると約50万の署名を提出ています。

 パルシステムが今回も集会企画を担当しました。多くの都道府県で独自支援策を講じていますが現段階においても政府・福島県は原発事故による被ばくを矮小化、帰還を推進し賠償、住宅無償供与を打ち切る方針を変えていません。
 災害救助法延長の判断可否は福島県がおこなう事としている事から、国策に原発が事故をおこし被害をもたらしたにもかかわらず、国は傍観者となり、各都道府県に対応を丸投げしている構図ができあがっている。
 今日も各地の避難者が自ら都道府県や市町村と粘り強く「話し合い」をおこない公営住宅の優先枠を確保するなどの支援策を獲得しています。
 しかし、収入及び世帯要件が設けられ、新潟県など一部の県を除いて家賃支援などはなく、都道府県の範囲では限界があり、大半の避難者の困難は解決されないのです。
 今回の集会は多くの国会議員に「おかれている避難者の困難」を共有し、本気の行動を促し、以下の行動を求めました。
 イ.2017年3月末に予定している「自主避難者への住宅無償供与打ち切り」を延期すること ロ.収入、世帯要件も設けず希望する避難者に、当面、現在の住宅に住み続けられるよう働きかけること ハ.原発事故避難者を「特定入居」の対象とすること 

 全国各地で被害者自らが行政に交渉しています。具体的な行動に移す事、自らが住む地域での避難者の困難と孤立化と向きあい可能な事を行動していく事、国への働きかけを強める事が必要です。
 「避難の協同センター」も避難当事者の声を聞きに出向き個々の問題解決に向けて行動していく事、聞いた声を都道府県、国会議員に伝えていく事を続けています。

各地からの報告がありました。

○北海道から宍戸隆子さん:子どもがもう転校したくないと言っている。生活困窮者ほど 雇用促進住宅に残れない。札幌市議会、自主避難者の住宅支援独自請願、全会一致で可決。北海道議会も可決された。避難先の行政から優しい言葉をかけられて感動した。どうして同じことが国や福島県はできないのか。

○埼玉県から河井かおりさん(母子家庭になってしまったお母さんの話):避難先自治体ではなく、東電、福島県、国に住宅の補償をしてほしい。これ以上、私たちから奪うことをやめてもらいたい。

○東京からは熊本美弥子さん:「行政の把握する」福島からの自主避難787世帯。公営住宅の入居要件に合致せず応募さえできない世帯が過半数を超えている。東京都から1日に5世帯しか引っ越しできないだからあなたは12月中にでて行けと言われた人がいる。住宅支援打ち切り福島県が決めたことで、私たちは崖っぷちに立たされている。

○大阪から森松明希子さん:私達は被害者として「避難を続けたい」と声を上げている。避難生活の時期は私たちが決める。加害者でなく被害者である避難者自身が決める。

○福島県から大河原さきさん:避難区域解除帰還政策で自主的避難者となる福島県内外の被害者も仮設退去を迫られる。居座れば訴訟に、避難先だけ家賃補助をするのは公平性が担保できないと福島県に言われている

○甲状腺基金から武藤類子さん:福島県では甲状腺がん検診「検診による健康被害リスク」「検診を受けない権利」をあげ、縮小へ向かう。東京電力原発事故から5年7ヶ月が経過した。福島県での増加を原発事故との関連は考えにくとした考え方のまま無きものとされていこうとする各種健康被害について。福島県内で囁かれる健康被害。家族であっても話せない環境、甲状腺基金で具体的な医療支援をおこなう。

○「避難の権利」を求める全国避難者の会長谷川克己さん:原発事故を無かったと被曝など無かったとにしたいかのような政策を国が強いる。「原発事故被害者の存在」は消えてもらいたいのだろう。日本のすべての大人が考えるべき問題である。力を貸して欲しい

 

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
11月12日(土)です。
午後 4 時から 



◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
12月10日(土)です。

午後4時から


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://40010111.blog75.fc2.com/tb.php/2886-dd6c0513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:56才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり