Entries

泉田新潟県知事と日本の原発-再稼働問題を考える

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 1921:「免震重要棟を東電につくらせた」など大きな功績
福島第一原発事故の検証と総括なしに再稼働の議論はできない!!!!!!




もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

そして、
4年7ケ月で再稼働(発送電)をさせちゃいました。

自分の無力さを感じます。

なんてやつらだ!!!
やつらの頭の中をのぞいてみたい。


「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




プルサーマル発電ですよ。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・





◆泉田新潟県知事と日本の原発-再稼働問題を考える
「免震重要棟を東電につくらせた」など大きな功績
福島第一原発事故の検証と総括なしに再稼働の議論はできない
 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎、「再稼働阻止全国ネットワーク」)
           

◎新潟県の泉田裕彦知事は、日本の原発問題、再稼働問題で歴史に名を残す大きな功績をあげた人だとみる。全国に46人の知事がいるが、政府や電力会社にこれだけキチンと言えた人、しかも巧みに表現した人は、他にはいない。知事会でもさぞや孤立したろう。3年前と今年の東京都知事選挙で、泉田さんに味方する知事が登場していればよかったのに…と残念に思う。

 泉田裕彦知事の発言で印象に残るのは
・「福島第一原発事故の検証と総括なしに再稼働の議論はできない」
・「東京電力に免震重要棟をつくらせた-新潟と福島に」
・「東電福島第一原発の炉心溶融を『新潟県原子力発電所の安全管理に関する技術委員会』をつくって追及し、白状させた」等々

◎たんぽぽ舎も横断まくに上記の泉田裕彦知事の言葉をかいて、東京電力本店合同抗議行動のさいにかかげた。又、泉田裕彦知事と新潟市長へ激励のハガキを送る活動をつづけ、好評を得ていた(ハガキ運動のうち5番目のハガキ)。

◎「新潟日報」の報道はよくなかった。同社は「報道の自由」をいうが、泉田知事の発言を報道せず、「うそを書き続けた」(泉田知事の発言)責任は大きい。もし意見がちがうなら、泉田知事と「新潟日報」の両論併記でやれた筈。新聞社とテレビ局の各社は「報道の自由」の美名の下での「新潟日報」側にかなり味方した。偏った報道をしたが、今後、調査報道をつづけて、「新潟日報」の報道の問題点を検証してほしいと願う。「報道の自由」を守るためにも。

◎毎日新聞10/12夕刊が、退任前の泉田裕彦知事にインタビューしている。
 3つの柱からなる好読み物で、今週16日(日曜)の新潟県知事選挙投票の結果の前に紹介したい。
記事の3つの柱は
 1.原点は「原発震災」体験=2004年(新潟県中越地震)と2007年(新潟県中越沖地震)の2つの体験から
 2.「問題は東電の体質」=メルトダウンを隠し、虚偽説明をつづけた、プラス「原子力規制委員会」の自治体無視。
 3.「私がいると迷惑」= 「新潟日報」にうそを書かれ続け、県の主張を黙殺されたらへこむ。(立候補しない)理由はそれだけ。

※退任前に泉田・新潟知事語る 原点は「原発震災」体験
 「問題は東電の体質」「私がいると迷惑」
        (10月12日毎日新聞夕刊2面「特集ワイド」より抜粋)

 原発再稼働に慎重な立場を取ってきた新潟県の泉田裕彦知事(54)が、24日で任期満了を迎え、県庁を去る。4選を目指してきた「モノ言う知事」が立候補の撤回を突然表明したのは8月下旬だった。東京電力と対峙(たいじ)してきた原動力は何か。立候補送りの背景には何があったのか。退任を前に語った。 (中略)
 2度の震災を経験したことで、見えたものは何か。(中略)
 県は、原発と連絡がつかなかったことを重視。東電にホットラインが通じるよう強く求め、原発敷地内に免震重要棟が設置された。(中略)
 新潟県の行動は、他の原発の防災体制の見直しにもつながった。「『免震重要棟が新潟だけにあるのはおかしい』という声が強まり、福島第一原発にも設置されたのが東日本大震災の8カ月前。もし、私たちが主張しなかったら、福島第一原発に免震重要棟はなかったかもしれない」
 巨大地震と大津波に襲われた福島第一原発は、免震重要棟があったために事故対応が続けられた、とされている。

「問題は東電の体質」

 福島第一原発事故後、泉田氏は東電や原子力規制委員会との対決姿勢を鮮明にした。柏崎刈羽原発の再稼働を目指す東電に対し「事故の検証と総括なしに、再稼働の議論はできない」と言い続けた。13年7月に東電の広瀬直己社長と面会した際には「安全安心と、お金、どちらが大事なのか」との質問を突き付け、話題になった。
 東電は福島第一原発の炉心溶融(メルトダウン)を隠蔽(いんぺい)してきたとも批判してきた。「問題なのは東電の体質。メルトダウンを隠し、虚偽説明を続けてきた。情報を開示せず会社を守ろうとする組織では駄目。うそをついたり、保身に走ったりする人を排除する組織でないと、原発は安全に運転できない」。今も東電への不信感は消えていない。
 震災後の新規制基準を定めた原子力規制委に対しても「基準は原発立地自治体の意見に耳を傾けずに作られた。住民避難に責任を持つ機関と調整もしないやり方は初めて」と批判した。
 住民避難の在り方を定めた国の原子力災害対策指針については「非現実的」と突き放す。
 問題視するのが、指針で原発から5~30キロ圏の緊急防護措置区域では屋内退避を原則と定めたことだ。「新潟県では圏内に約44万人が暮らしています。事故後、放射性プルーム(放射性雲)が飛んでくる前に、(地方自治体の)誰が甲状腺を守るための安定ヨウ素剤の配布を命令し、誰が住民に配るのか。それに熊本地震では本震が後から襲って、家の中に避難し犠牲になった人がいることを無視してはいけません」
 住民を避難させるにしても、主要道路が損壊したり、避難用バスの運転手が見つからなかったりするなどの問題がある。「誰が被ばくのリスクを背負って作業に当たるのでしょうか。一方、米国では、放射線に対応する知識や装備を備えた人に事前に宣誓書にサインしてもらい、いざという時に現場に向かうシステムがある。日本の対応は不十分な点が多すぎる」

「私がいると迷惑」

   (中略)
 「新潟日報は毎日40数万部配られている。その新聞にうそを書かれ続け、県の主張を黙殺されたらへこむ。理由はそれだけ。(後略)

 

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
11月12日(土)です。
午後 4 時から 



◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
12月10日(土)です。

午後4時から


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://40010111.blog75.fc2.com/tb.php/2870-852979d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:56才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり