Entries

放射能検査結果:「シカ肉(四国内)」は、微量検出 でした。

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 1614:『若干ですが、放射能がでました』!!!!!!





もう、後悔したくないんです!!!!!!!




 こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




◆『若干ですが、放射能がでました』


「放射能測定組合」 でも作って、
みんなで定期的に検査をしようと思っています。


四国の「シカ肉」は、
微量検出でした。



※今回、5検体(ゆず・カツオ・シイタケ・猪・鹿)を検査しました。

高知県の東から、西部、四国内、海のものと。
今のところ、高知県とその周辺の食は、安全と思われます。

今後も加工品なども含め検査していきたいと思います。


ジビエ関係は、
以前高知県東部でも微量検出されましたが、
想定内でしょう。

下記の赤字文章をお読みください。

そして、
個人のご判断にて食してください。

今後は、
1ベクレル以下は、承知の上食さないといけない時代になるでしょう。

p/s
以前、カツオの検査で、「おのみち -測定依頼所-」へ依頼したところ、
微量検出があり、おのみちさんを通じて別のゲルマニウム検査所へ再提出しました。

結果は、おのみちさんとほぼ同じでしたので、
おのみちさんの精度は確かであるとともに、
丁寧な対応等信頼しています。

よって、下記の検査結果数字ですから、
ゲルマニウム検査所へ再提出はいたしません。



ご依頼のありました
5品目「シカ肉(四国)」
について測定結果がでましたのでお送りいたします。

結果としては、
解析精度3σ(精度99.7%)
セシウム137:0.571±0.378Bq/kg
セシウム134:不検出(測定下限値<0.3Bq/kg)
カリウム40:93.2±22.5Bq/kg

との結果となりました。
また、スペクトルからみますと、

天然核種
「カリウム40」

人工核種
「セシウム137」

の検出と判断いたします。

セシウム137については、662keVにピークが確認できます。
セシウム134については、605keV、796keV共にピークが確認できません。
結果として、
セシウム137を検出、セシウム134は不検出と判断しました。

なお、カリウム40以外の天然核種を検出・不検出と判断した理由は以下になります。

鉛214:ウラン系→不検出
242keV、295keV、352keVにピークが確認できません

ビスマス214:ウラン系→不検出
609keV、1120keV共にピークが確認できません

鉛212:トリウム系→不検出
アクチニウム228のエネルギーである、911keVと965keVにピークが確認できませんので、トリウム系全般で不検出と判断しました
また、239keVにピークが確認できません

アクチニウム228:トリウム系→不検出
338keV、911keV、965keV共にピークが確認できません

タリウム208:トリウム系→不検出
583keV、861keV共にピークが確認できません

結果として、
天然核種
「カリウム40」

人工核種
「セシウム137」

の検出と判断しました。
イノシシ肉と同じく、セシウム137の値が低くセシウム134は検出されておりません。
したがって、福島第一原子力発電所の事故による影響であるかどうかの判断はできません。
今回の値程度であれば、過去の大気圏内核実験やチェルノブイリ原発事故の影響によるものであると
判断しても差し支えないものであると推測されます。
今回のシカ肉ですと、もし、福島第一原子力発電所の事故の影響によるものであると推測するのであれば、
今月のセシウム137とセシウム134の比率は「1:0.228」ですので、
セシウム134=0.571×0.228=0.130188Bq/kg
が理論値となります。
0.1Bq/kgまでゲルマニウム半導体検出器で測定したら、何の影響で検出されたのか分かってくると思います。



この度はご依頼くださいまして誠にありがとうございました。
またのご利用の機会がありましたら、是非ともよろしくお願いいたします。


―「おのみち -測定依頼所-」――――――――――

 





高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

当面は、
おやすみです。 少々、寒いので・・・・・・


今後の予定は、
冬場は、小休止します

飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。







原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん









ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://40010111.blog75.fc2.com/tb.php/2559-09224298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:56才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり