Entries

事故後も東電は安全より経済優先の体質

■ 【環境 blog です
人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol.1110:事故後も東電は安全より経済優先の体質!!!!!!




今年が正念場です。

今年も、ガンガン攻めます。

我々の未来のために・・・・


そして、

もう、後悔したくないんです!!!!!!!






ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

これで、
四国内は、原発による発電は一切なくなりました。

停電の心配はいりません。
四電も「大丈夫!!」と、言っていますし・・・・・・。

あれだけ、電力量が足らないと脅しまくったくせに。

やつらの頭の中をのぞいてみたいですね。



※稼働30年以上の老朽化原発です。
地震対策がなされていない原発です。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。

↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・







 こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。





◆事故後も東電は安全より経済優先の体質
安全性を重視しない原子力規制委員会-安全では世界最低レベル
 └── 清水 寛
(放射能から命と国土を守り、平和憲法を活かす情報発信代表)
                                         

○ 7月23日の毎日新聞によれば、「福島第一原発で昨年夏に組み立て式タンクから汚染水が漏れた問題で、その約1年前に一部メーカーが『組み立て式は絶対に問題が出る』として耐久性に優れた『溶接型』タンクを納品したのに、東電はその後も組み立て式の発注を続けたことが分かった。メーカー関係者は『組み立て式は溶接型よりはるかに安価。当時は汚染水対策で国費の投入は決まっておらず、コストの問題があったのではないか』と指摘している。
○ また、「東京電力福島第一原発で2013年8月に高濃度の放射性物質を含んだ汚染水が組み立て式タンクから漏れた問題で、同型タンクの中に別の建設現場などで使われた中古品が少なくとも約20基あり今も使用され続けていることが分かった。東電はこれまで中古品の存在を公表しておらず、毎日新聞の取材に認めたものの、漏えいしたタンクが中古品か否かは『回答を差し控える』としている。」とのことである。
○ 事故後も東電は安全よりも経済性を重視して、溶接式よりも安価で耐久性の短いボルト式のタンクを発注していたために放射性汚染水が漏れたようである。
 東電のこのような無責任な、汚染水タンクに見られる安全性より経済を重視した会社が原発を再稼働すれば、福島のような事故は避けられないと思われる。さらに、新基準には事故時の30km以内の避難計画について審査の対象になっていない、国際的には常識とされる「深層防護」が取りいられていない基準である。
○ また、火山学者の多数が桜島の噴火は予知できないと言っているのに、九電の「予知可能」を受け入れており、安全よりも再稼働を優先している。
 これで、安全「世界最高レベル」(読売新聞)と言えるのか。安全では世界最低レベルではないか。




高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、

8月9日(土)
午後3時10分集合
四万十市お祭り広場
へお越しください。






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づきましょうよ!!!!




原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん





もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、分かりましょうや!!!?



我々の未来を奪う危険な代物ですって。







全国各地 お近くの原発の廃炉を
要求しましょう。













ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

コメント

[C1804] おはようございます

誰も責任を取ろうとしないし取りようも無い・・・
川内原発の安全審査の発表をしたナントかって人も「安全だとは私からは言えない」なんてことを言ってる始末・・・

法律なんてものは、最低限の決まりを示してあるだけで、それ以上を求めなければいけないし、こと原発に関しては絶対安全でなければいけないのは判っているのに、コストがかかりすぎでとうていできっこないんですよね

企業ですから、利益を得るのは当然だけれど、責任の取れない方法にすがるのはどう考えてもおかしい・・・

原発の発電コストが安いなんてことを未だに言ってる国や電力会社は福島原発の事故原因解明をきっちりした上で、キチンと責任をとってから次のステップに進んでほしいと思います。

万が一の事故の対応・除染や補償、核廃棄物の処理方法や費用などなど・・・
原発のメリットなんてモノは、利権に群がる一部の輩が受けられるだけで、国民は住むところを追われ、糧を失い、引き裂かれてしまう・・・こんな酷い話しは無いですよね!!

[C1805] タッキー、まいどー。

タッキーのおっしゃる通りですね。

双葉町の元町長の井戸川さんのことばに、
『双葉町になりたいですか?』・・・と。

動かす前に止めなければね。

ドイツでは、ヴァッカースドルフ再処理工場の建設を、国民がみなチェコ国境に集まって、医師も、企業人も、先頭に立って総力で阻止しました。そして、高レベル放射性廃棄物最終処分場の候補地ゴアレーベンもまた、昨年、ついに白紙に戻させました。このように、国民が「危ない場所」一ヶ所の運動に団結する力が、現在のドイツ人の原発反対運動のエネルギーの源流です。

一ヶ所の運動に団結する方法。
11月に行われる、「愛媛県知事」の選挙で、「脱原発」候補を勝たせるなど、あらゆる方法を使いましょう。

共に、頑張ろうね。



> 誰も責任を取ろうとしないし取りようも無い・・・
> 川内原発の安全審査の発表をしたナントかって人も「安全だとは私からは言えない」なんてことを言ってる始末・・・
>
> 法律なんてものは、最低限の決まりを示してあるだけで、それ以上を求めなければいけないし、こと原発に関しては絶対安全でなければいけないのは判っているのに、コストがかかりすぎでとうていできっこないんですよね
>
> 企業ですから、利益を得るのは当然だけれど、責任の取れない方法にすがるのはどう考えてもおかしい・・・
>
> 原発の発電コストが安いなんてことを未だに言ってる国や電力会社は福島原発の事故原因解明をきっちりした上で、キチンと責任をとってから次のステップに進んでほしいと思います。
>
> 万が一の事故の対応・除染や補償、核廃棄物の処理方法や費用などなど・・・
> 原発のメリットなんてモノは、利権に群がる一部の輩が受けられるだけで、国民は住むところを追われ、糧を失い、引き裂かれてしまう・・・こんな酷い話しは無いですよね!!
  • 2014-08-06 05:01
  • タッキーへ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://40010111.blog75.fc2.com/tb.php/2043-ffc964ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:56才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり