Entries

放射能事故は原則に戻ろう

■ 【環境 blog です
人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol.1004:放射能事故は原則に戻ろう!!!!!!




今年が正念場です。

今年も、ガンガン攻めます。

我々の未来のために・・・・


そして、

もう、後悔したくないんです!!!!!!!






ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

これで、
四国内は、原発による発電は一切なくなりました。

停電の心配はいりません。
四電も「大丈夫!!」と、言っていますし・・・・・・。

あれだけ、電力量が足らないと脅しまくったくせに。

やつらの頭の中をのぞいてみたいですね。



※稼働30年以上の老朽化原発です。
地震対策がなされていない原発です。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。

↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・







 こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。





◆放射能事故は原則に戻ろう
1ミリシーベルト以下となる空間線量率での生活を保証させるべき
生まれてくる新しい命にまでも継続して被害を与える放射能公害に
関しては、断固とした反対態度をもたねばならない
 └── 井上 啓(有害化学物質削減ネットワーク)   
               
                  
 事故が起き、大地や環境が放射能に汚染され、赤子も老人も等しく毎日放射線に曝され、生涯被曝し続ける生活を押し付けられている。
 可能な限り汚染地域での生活を避けることは基本的人権の行使である。生涯にわたって平均で1年に1ミリシーベルト以下の被曝になるならば、今、少しぐらい高い線量の中に生活しても問題にならないかのごとく、人々の生活パターンを8時間、16時間という数式にあてはめ平均的被曝実数を示して、汚染地域への帰還を強制しようとする政府や行政機関、それを支える「専門家」なる者達は、何を求めているのだろうか?
 かつて核実験場で核実験のあと放射能下で兵士が兵士たり得るか実験したように、広島、長崎で被爆者達をABCCが研究対象として扱ったように、今度は、福島事故の被害者達を高放射能地域で生活させことで出てくる影響を「調査」しようというのだろうか?私には、そうとしか思えない。住民をだまし、誤魔化しの安全を押し付け、事故の責任を取ることを止め、原子力・核政策を続けるために、自ら作ったルールさえ放擲してしまう。
 原子力の安全は「放射能の閉じこめ」をもって保証されるといってきたはずだ。放射線被ばくは放射線作業によって利益を得る人にだけ年間一定量だけ許された「ガマン量」だ。 公衆の年間被曝限度は原子力を進める上で、どうしても一定の被曝を想定しなければならなくなったが故に決められた、社会的ガマン量として「受忍」させられたものだ。本来は一般公衆の被ばくは限りなくゼロに近づけることをもって原則としているものだ。にもかかわらず、放射線作業者の被曝管理のために設定されている放射線管理区域の基準以上に汚染されている区域で、一般公衆を生活させることを許すなどということは、絶対にあってはならないことなのです。
 事故という現実を前に、ともすれば仕方ないと考えてしまうのは、ある意味人情かもしれないが、これから生まれてくる新しいいのちにまでも継続して被害を与える放射能公害に関しては、断固とした反対態度をもたねばならない。原則に立ち返って、最低限、計算上、24時間の積算線量が年間被曝線量1ミリシーベルト以下となる空間線量率での生活を保証させるべきでしょう。




高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

今月・来月の予定は、寒さのため中止です。






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づきましょうよ!!!!




原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん





もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、分かりましょうや!!!?



我々の未来を奪う危険な代物ですって。







全国各地 お近くの原発の廃炉を
要求しましょう。













ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://40010111.blog75.fc2.com/tb.php/1923-bdc3efc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:56才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり