Entries

脱原発市民革命が起こっている

■ 【環境 blog です
人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 879:脱原発市民革命が起こっている!!!!!!





もう、後悔したくないんです!!!!!!!


ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

これで、
四国内は、原発による発電は一切なくなりました。

停電の心配はいりません。
四電も「大丈夫!!」と、言っていますし・・・・・・。

あれだけ、電力量が足らないと脅しまくったくせに。

やつらの頭の中をのぞいてみたいですね。



※稼働30年以上の老朽化原発です。
地震対策がなされていない原発です。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。

↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・







こんな国に生まれ、

何も抵抗できずに

放射線障害になってしまうであろう

子どもたちの運命を

放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。





◆「脱原発市民革命が起こっている!」
金曜官邸前行動の巨大な意義、
小泉・細川 両元首相を動かしたもの
 └─ 鍋谷 郁太郎(大学教員)
               
                                                  
 「多くの日本国民が心に抱く再稼働反対・脱原発の意志を象徴しているものが、毎週金曜夜に行なわれている官邸前抗議行動である。日本記者クラブにおける小泉純一郎元首相による明白な原発ゼロ社会宣言、そして安倍首相への脱原発社会へ向けての強い提言の背景にあるのは、官邸前抗議行動が2年以上に亘って示し続けてきた脱原発に向かっての国民意志である。確かに、フィンランドの原発廃棄物最終処分施設を視察したことは、彼にとって1つの転換になったことは事実である。しかし、官邸前抗議行動が継続的に粘り強く目に見える形で脱原発民意総体を提示してことは、世論に敏感な小泉元首相を想定するなら、決して過小評価できないと考えられる。小泉元首相と連帯して、より明白に脱原発国民運動の展開を謳った細川護煕元首相においては、官邸前抗議行動の影響は明白に感じられる。さらに小熊英二が指摘するように、安倍政権が再稼働になかなか踏み出せないのも、官邸前抗議行動に象徴される脱原発への民意の発露があるからである。

 このようなことを勘案すれば、ゆっくりではあるが確実な「脱原発市民革命」が日本に起きており、裾野は着実に広がっていると言えるだろう。その中心の1つにあるのが、官邸前抗議行動である。今は、まさにこの「脱原発市民革命」の正念場である。日本の原発が全て廃炉になり、さらに世界の原発が全て解体されるまで、この「市民革命」は「永続的に」やっていかねばならない。官邸前抗議行動に参加しよう。」

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

1時半 集合・・・2時 出発
赤鉄橋おまつり広場集合

◆12月14日(土) 2時~






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づきましょうよ!!!!




原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん





もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、分かりましょうや!!!?



我々の未来を奪う危険な代物ですって。







全国各地 お近くの原発の廃炉を
要求しましょう。













ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

コメント

[C1763]

原発をなくしたいなら原発がなくなっても電気代が上がらない方法を用意してからにしてほしいです。
もしその方法があるのでしたらそれを大々的に宣伝すべきです。
電気代が高騰したら低所得者は電気を使えなくなり、工場も動かなくなって労働者は職を失ってしまうのですから。
弱者を切り捨てての原発ゼロには賛同できません。
  • 2013-12-06 15:01
  • サエコ
  • URL
  • 編集

[C1765] サエコさん、ありがとうございます。 

ありがとうございます。 

まずもって、原発が無くなるから電気代が上がるのではなく、電気代を上げるという脅し方以外に原発を存続させるための方策がない電力会社・政府があります。
なぜなら、「安全・安価・クリーン」の三拍子で推し進めてきた原発産業も福島事故でもろくも崩れ、経済の衰退は原発のあるなしには関係なかったことも見ぬから、リサイクルは出来ないは、核のゴミは処理できないは、と打つ手なしの八方ふさがりとなっているからです。13年前からの電力需給データを四電広報よりもらったものがありますが、十分すぎるほど電力は足りています。

そして、何より重要と考えていることは、事の重大さと優先順位です。
電力会社へより一層のコスト削減、社員給与削減などは、並行して訴えていきます。
福島のような事故がひとたび起きれば、「弱者を切り捨てて・・・」と言っている場合ではありません。そうならないために活動しています。

沖縄の米軍基地問題もそうです、福島原発事故の問題もそうです。私は、「誰かの不幸・痛みの上に立っての幸せ」はつらいです。今の我々の豊かな生活を改める時期にきています。多少、我慢や努力すべきことであのような事故を防ぐことができるのであれば、そちらに思いと力を注ぎます。

後に反省やお詫び、議論することがいっぱいあります。放射能の見える化のデータ取りで風船を飛ばせば環境への影響もありますし、風力発電を推進すれば電磁波の問題も発生します。「それらの問題が解決できないのに、元の重大事項に手を付けるな」というわけにはいきません。
「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」と、先人は言いました。争いごとの言葉で恐縮ですが、“馬がカワイイ動物だから馬を射ってはいけない”と言っている場合では現在ありません。伊方・玄海・川内がドカンといけば、四国(西日本)に住めなくなるばかりか命まで危ないわけですから。

27年前のチェルノブイリの事故後、福島を止められなかった後悔は二度としたくはありません。

伊方でも必ずおこります。必ず! です。

あとで、反省やお詫びはいくらでもやります。並行してやっていかなくてはいけない問題はやります。

その前に、止めなくてはなりません。




> 原発をなくしたいなら原発がなくなっても電気代が上がらない方法を用意してからにしてほしいです。
> もしその方法があるのでしたらそれを大々的に宣伝すべきです。
> 電気代が高騰したら低所得者は電気を使えなくなり、工場も動かなくなって労働者は職を失ってしまうのですから。
> 弱者を切り捨てての原発ゼロには賛同できません。
  • 2013-12-08 11:44
  • サエコさんへ
  • URL
  • 編集

[C1768] 原発推進派は・・・・・・

卑劣どもばかりです。
誠実に答えさせていただきましたが、あなたを信じたわけではありません。
右翼を使って抗議活動を妨害したり、迷惑メールを大量に送りつけたりと、卑劣極まりない傍若無人ぶりです。
今回のコメントのようにチャチャを入れてくる輩もいるでしょう。
同内容をコピーして、反対派に送り付ける手口もあります。

抗議・助言なら、ご自分のURLやメアドを打ち込むことをお勧めします。

我が身の身分を明らかにせずして、他人に文句を言う資格がないからです。

私たち反対派は、顔出し・身分を明らかにして抗議します。

原発の反対理由(データを付けて)、代替案を提案し、次へのステップ・未来への展望を提案し抗議します。

私たちは、一点の曇りも非もブレもありません。

必ず止めます!!!!!!!!!!!!!!!!!

なぜなら、
『この地球は、私たちの親から授かったものではなく、私たちの子供たちからお預かりしているものだからです』
  • 2013-12-08 23:16
  • サエコさんへ、追伸です。
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://40010111.blog75.fc2.com/tb.php/1799-d392c3ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:56才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり