Entries

小泉元首相の原発廃止発言について・・・読者からの意見

■ 【環境 blog です
人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 847:小泉元首相の原発廃止発言について・・・読者からの意見!!!!!!





もう、後悔したくないんです!!!!!!!


ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

これで、
四国内は、原発による発電は一切なくなりました。

停電の心配はいりません。
四電も「大丈夫!!」と、言っていますし・・・・・・。

あれだけ、電力量が足らないと脅しまくったくせに。

やつらの頭の中をのぞいてみたいですね。



※稼働30年以上の老朽化原発です。
地震対策がなされていない原発です。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。

↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
原発:デモ犬

言葉の力
未来を切り開く。


原発:デモ地球をなんだと・・・・・







こんな国に生まれ、

何も抵抗できずに

放射線障害になってしまうであろう

子どもたちの運命を

放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。





◆小泉元首相の原発廃止発言について・・・読者からの意見
小泉元首相の原発廃止発言について、メルマガ読者のご意見が続々寄せられています。順次ご紹介します。


◆反原発の一点のみで終結を!           (茨城県 入野さん)

 私は野田幸太郎氏ではなく横原由紀夫氏の意見に賛同します。小泉政権の原発政策はともかく、脱原発の運動の場でイラク戦争のことまで持ち出して批判を浴びせたのではせっかくの味方になってくれた人さえ敵にまわしてしまうだろう。どうしてもっと大きな気持ちをもてないのか?
 ついでに言わせていただくと、わたくしは毎回ではないが反原発の集会やデモに日の丸を持参している。すると必ずと言っていいほど日の丸を掲げていることにイチャモンをつけてくる人が居る。彼等はきまったように一方的に日の丸に対する勝手な解釈を押し付けてくる。私は他人に国旗や国歌を強要するのはどんな場合でも断固反対です。
 しかし、逆に国旗を掲げるのも個人の責任でやるなら自由のはずだと考えます。また、原発に反対するための集会なのに、それとは直接関係のない基地問題や冤罪の問題などの主張をプラカードなどに掲げたりそれ関連の署名を集める人たちもいる。私の場合は気持ちとしては賛成の場合が多いのだが、これらの行為も止めてもらいたい。それらは他の場所でやるべきでしょう。
 世の中にはいろんな考え方の人が居る。いわゆる左翼的傾向の人たちだけでは強大な原子力ムラを突き崩すことなど不可能です。
 近づいてきた新しい味方を原発以外の違いで追い返す愚はもうやめてもらいたい。

◆続・「なんちゃって脱原発」にご用心    (はだしの源八おじさん)

 政界引退をした小泉純一郎元総理大臣が、脱原発を語っていることで賛否両論が起きているようです。2011年7月に投稿した『「なんちゃって脱原発」にご用心!?』(TMM:No1136)の続編を書きたいと思います。

 小泉元首相の脱原発パフォーマンスを考える前に、現首相安倍晋三夫人である安倍昭恵夫人の脱原発パフォーマンスを検証する必要があると思います。昭恵夫人の脱原発パフォーマンスは大きく2回ありました。
 1回目は、震災後、民主党政権下においてです。「安倍昭恵のスマイルトーク」というブログに、飯田哲也氏との交流の様子がアップされました。
  http://www.akie-abe.jp/index.php?ID=655
  http://www.akie-abe.jp/index.php?ID=663
しかし飯田哲也氏が山口県知事選挙に出馬した時は、昭恵夫人は安倍晋三氏とともに自民党候補の応援にまわり、飯田氏を落選させ、選挙終了後に再び飯田氏と親密そうな様子を写真週刊誌にリークするという不可解な行動をとっています。この時期、安倍晋三氏は、原発について明確なコメントはしていませんでした。これら一連の安倍昭恵のパフォーマンスによって、もしかしたら安倍晋三は脱原発になびくかも、という期待を、脱原発層に抱かせることに成功したのです。 結果的に、安倍氏は自民党総裁となり、2012年末の衆議院選挙で自民党が圧勝し、総理大臣となりました。

 2回目は、今年7月の参院選の直前、国会内の講演で「私は原発反対」と昭恵夫人が語ったことがニュースになりました。これも一部の脱原発層の支持を得る結果となりました。しかし、安倍首相の原発トップセールス外遊にはしっかり笑顔で同行し、ますます混乱させました。これらのパフォーマンスは、1回目が総裁選~衆院選、2回目が参院選と、実に絶妙なタイミングで行われています。これを偶然と考えることもできますが、私は周到な計算のもとに行われた世論工作の一種だと思っています。自民党は原発を推進する方針を曲げるつもりはないのだから、党の公約としては脱原発を言うことができません。しかし、総裁夫人である昭恵夫人が脱原発脱原発パフォーマンスをすることは、党としては何も問題は発生しません。世論の8割近くが脱原発になびいている中で、選挙に勝つためには、明言はできなくても、脱原発への含みを持たせなければならなかったのです。有権者の8割が脱原発だとすると、その中には、多くの自民党支持層も含まれていると考えられます。党としてはその票を失いたくない。脱原発は約束できないが、総裁夫人である昭恵夫人が脱原発脱原発パフォーマンスをすることで、ひょっとしたら脱原発が実現するかも、という淡い期待を抱かせたのです。
 それは結果として成功し、今の安倍政権があります。さて、小泉純一郎氏の脱原発ですが、これは選挙がからんでいないので、昭恵夫人のケースとは異なります。しかし、首相夫人と同じく、政界引退をした元総理大臣も、その発言によって自民党が責任を問われることはありません。自由な遊撃戦ができるという点で、全く同じ効力があるのです。

 では、何を狙っているのか。第一義的には、自民党の自浄作用のアピールでしょう。安倍内閣は、自民党の中でも極右なので、その暴走に批判が集まった時、野党ではなく、自民党内でしっかりと受け皿を用意するということです。その受け皿とは、もちろん小泉進次郎氏です。もともと自民党は、同じ党内で、メインストリームと、カウンターアタックを同居させ、有権者の選択肢を自党内に絞らせ、どちらに転んでもいいようにする手法を得意としています。
 支持を野党に逃さず、磐石の態勢をつくるために、政界引退した小泉氏が、得意の劇場型パフォーマンスをくりひろげていると見るべきでしょう。

【メルマガ編集部より:
 小泉元首相の「原発即時ゼロ発言」について、様々な意見があります。
 今後の反原発運動の前進を目指して、小泉発言について皆さんのご意見をお寄せください。
メール nonukes@tanpoposya.net FAX 03-3238-0797 】

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

1時半 集合・・・2時 出発
赤鉄橋おまつり広場集合

◆11月 9日(土) 2時~
◆12月14日(土) 2時~






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づきましょうよ!!!!




原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん





もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、分かりましょうや!!!?



我々の未来を奪う危険な代物ですって。







全国各地 お近くの原発の廃炉を
要求しましょう。













ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://40010111.blog75.fc2.com/tb.php/1767-9ca980d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:56才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり