FC2ブログ

Entries

毎週の金曜日官邸行動に思う=8月23日(金)第69回

【環境 blog です
人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 793:毎週の金曜日官邸行動に思う=8月23日(金)第69回!!!!!





もう、後悔したくないんです!!!!!!!


ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

これで、
四国内は、原発による発電は一切なくなりました。

停電の心配はいりません。
四電も「大丈夫!!」と、言っていますし・・・・・・。

あれだけ、電力量が足らないと脅しまくったくせに。

やつらの頭の中をのぞいてみたいですね。



※稼働30年以上の老朽化原発です。
地震対策がなされていない原発です。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。

↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
原発:デモ犬

言葉の力
未来を切り開く。


原発:デモ地球をなんだと・・・・・







こんな国に生まれ、

何も抵抗できずに

放射線障害になってしまうであろう

子どもたちの運命を

放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。





◆毎週の金曜日官邸行動に思う=8月23日(金)第69回
午後2時30分ごろから約1時間、雷をともなった強い雨があった
しかし、午後6時近くなると続々と人が集まり、参加者は先週より多かったかもしれない
 └─ 千葉和夫(たんぽぽ舎ボランティア)


〇8月23日(金)、午後2時30分ごろから約1時間、雷をともなった強い雨があったので 今日は参加者が少ないと思って首相官邸前に出かけた。しかし、6時近くなると続々と人が集まり、むしろ先週より多かったかもしれない。
 午後4時には雨もやみ涼しさも感じる陽気となっていた。私たちは遠く佐賀県から 来た3名の女性とテント前で待ち合わせた。彼女たちと談笑しながら定位置の地下鉄丸ノ内線、国会正門前4番出口に行くと、もういつものお坊さんの集団が太鼓をたたきながら念仏を唱えていた。まさに首相官邸前の風物詩でありこの声を聞くとなぜかホッとする。
 まず、首相官邸前のスピーチの内容の一部をかいつまんで挙げておきます。
・佐賀から来た女性:「玄海原発廃炉で美しい海を守りたい。」「現在、玄海原発廃炉を求める告訴団に6751名の参加があり、目標10,000名です。」
・男性:「安倍さん、福島第一原発の放射能汚染水の現状は“非常事態宣言”をして対応しなければ間に合わない。そうしないと世界中から非難を浴びることになる。」
・山口から来た女性:「安倍首相の地元から来ました。上関原発建設で美しい瀬戸内海の海を壊さないでください。強く中止を訴えます。」
・男性:「福島第一原発の放射能汚染水対策、収束に全力をかけてください。」
・福島の女性:「福島の農業/漁業はどうなるのでしょうか?」

 今回のスピーチは佐賀県(玄海)をはじめ福井県(大飯、美浜)、新潟(柏崎)、山口(上関)、鹿児島(川内)などの遠くから首相に直訴(?)するため来ている。
 この真剣なひたむきな訴えに首相は一時でも耳を傾けてほしい。

〇そして、原子力規制委員会の「高濃度放射性汚染水の暫定評価をレベル3(重大な異常事態)に引き上げることを検討」を受けて、これは原発事故レベル7の延長線というよりもよりも、人災による“新たな事故に等しい”ことを正しく認識するならば原発を推進してきた責任者や原子力規制委員会は福島第一原子力発電所の収束に全力を尽くすべきだと思います。
〇首相官邸前の抗議行動ではシュプレヒコールやスピーチだけでなくいろいろな情報を得ることができるメリットもある。各種の配布資料(ビラ)などの情報も貴重で勉強になることが多い。例えば、ともすれば忘れがちな「汚染された薪、木炭、木材ペレットなどの焼却処分の問題点」や「放射性セシウムだけでなく他の核種、放射性ストロンチウム、放射性プルトニウム、放射性ウラン等なども問題にすべきだ」のレポート(ビラ)である。
〇そもそも、東電はこのような放射性汚染水の問題は2年5か月前からわかっていたと思う。(なぜならば、福島第一原子力発電所を建設するときに大量の地下水があったことは既に分かっていた)時間軸を現時点で切ってみれば確かに放射性汚染水が漏れ出していることは大きな問題ではあると思う。しかしそれ以上に、タンク容量1,000tなので2日半で一杯になる。時間軸を伸ばしてみると近い将来タンクを設置する場所が無くなるのは小学生でもわかるだろう。その時はどうするのでしょうか。
 また、“高濃度放射性汚染水”は何年先までこのような状態で保管しておくのでしょうか?このようなタンクで長期間の保管は出来ないことは目に見えていると思います。
〇今現在(2013.08)“高濃度放射性汚染水”の総量は330,000tなので、明日にでも震度6程度の地震があったらと考えると、恐ろしいことになる可能性があると思うのは私だけでしょうか?
〇このタイプのタンクのパッキンの耐用年数は5年と言われています。これを設置してすでに2年経過しているのであと3年後にはこの膨大な“高濃度放射性汚染水“はどうするのでしょうか。
〇再稼働を言っている人たちは、高濃度放射性汚染水を海(太平洋)に垂れ流し、一日に2億4,000万ベクレルを空中に放出していることへの“深刻さ”や“責任”を理解しているとはとても思えないのです。
〇この国の首相が、「美しい日本」、「世界一安全な原発」などと、たわごとを言いながら、原発をトルコ、インドなどに売り歩く姿はとても正視できるものではありません。
〇私個人の話で恐縮ですが、昨年11月~12月に中米4カ国を旅をしました。その時、日本に関心のある人たちは口をそろえて「日本(人)は空と海を汚して.」との認識であり、“東電が、日本政府が”ではなく“日本人は”と日本国民が非難の対象であることに愕然としました。もちろん私たち国民にも大きな責任があることは認めなければいけないと思います。日本人が過去営々と築き上げてきた“まじめな民族“、“信用できる民族”は、もろくも崩れ去ろうとしているのではないでしょうか。
 私たち日本民族の誇りはどうしたのでしょうか。

◎さらに付け加えて、次のことは何度でも言いたいと思います。
 再稼働を言う前に、
  1.原子力発電を長年推進してきたことへの反省と事故の検証が第一だ。
  2.フクイチ避難民を一人残らず普通の生活に戻すことが先だ。
  3.核のゴミ、使用済み燃料をどうするのかを明確に。
  4.先が見えないフクイチの高濃度放射性汚染水の対策、収束はどのようにするのか。
 などを国民に丁寧に説明するべきだと思います。

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

9月14日(第2土曜日)
4時集合・・・4時半出発
赤鉄橋おまつり広場集合

◆9月14日(土)  4時半~
◆10月12日(土) 2時~
◆11月 9日(土) 2時~
◆12月14日(土) 2時~






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づきましょうよ!!!!




原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん





もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、分かりましょうや!!!?



我々の未来を奪う危険な代物ですって。







全国各地 お近くの原発の廃炉を
要求しましょう。













ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://40010111.blog75.fc2.com/tb.php/1713-07eee7c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:57才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり