Entries

ひとたび止めることのできた原発は、必ずまた止めることができます

【環境 blog です
人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 751:ひとたび止めることのできた原発は、必ずまた止めることができます!!!!!





もう、後悔したくないんです!!!!!!!


ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

これで、
四国内は、原発による発電は一切なくなりました。

停電の心配はいりません。
四電も「大丈夫!!」と、言っていますし・・・・・・。

あれだけ、電力量が足らないと脅しまくったくせに。

やつらの頭の中をのぞいてみたいですね。



※稼働30年以上の老朽化原発です。
地震対策がなされていない原発です。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。

↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん
原発:デモ原発残って・・・・
原発:デモ犬

言葉の力
未来を切り開く。


原発:デモ地球をなんだと・・・・・







こんな国に生まれ、

何も抵抗できずに

放射線障害になってしまうであろう

子どもたちの運命を

放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。





◆全国の原発再稼働を阻止しよう!
ひとたび止めることのできた原発は、必ずまた止めることができます
再稼働阻止全国ネットワークからの報告(2013年7/13泊集会)


 7月8日、原発再稼働に向けた「規制基準」が施行され、各電力会社は一斉に再稼働申請を行いました。
 私たちは早朝から約80名で規制庁前に陣取り、抗議・申し入れ行動を行いました。主張は、1.「基準」が原発の規制ではなく再稼働に向けたものであること、2.福島原発事故の真因も明らかでないのに「基準」が出来るはずもないこと、3.防潮堤や重要免震棟もないままの再稼働は事故の再来をもたらすこと、4.事故時の住民避難に政府は責任を放棄していること―等々です。
 そこには北海道のマシオンさんをはじめ、対象となる原発現地や福島の皆さんが駆けつけ、こもごも糾弾の声をあげてくださいました。
 規制庁の審査終了は年明けになると報道されていますが、安倍政権の姿勢からすれば早まることが必至です。まさにこの半年が再稼働を阻止するか否かの「決戦」の時期となろうとしています。再稼働に向けたプロセスに打撃を与え、実際に阻止できれば、「原発のない社会」を実現する大きな展望が開けてくるに違いありません。そこで原発現地の闘いをどのように組み立て、どのように全国的に結びついていくかが勝利のカギだと思います。
 昨年5月の全原発の停止は、50年にわたる「原発のある社会」に終止符を打ちました。政府は危機感をもって大飯原発再稼働をめざしましたが、800人の38時間にわたるゲート前阻止行動は、私たちに大きな感銘を与えました。もちろんその背景には、戸別ビラ入れの繰り返しや、対抗的な「もう一つの住民説明会」などの取り組みがありました。
 私たちは、大飯の教訓をベースにするだけでなく、各現地の創意的な活動の交流・共有を通じ、「原子力ムラ」の全体重をかけた攻撃に抗する必要があるでしょう。
 再稼働阻止全国ネットワークは昨年11月の結成以来、16の現地による全国合宿の設定や、各地の闘争への参加・交流を行ってきました。そこでの討論や情報交換は、各地のユニークな取り組みを産み出し、また各原発現地間の連帯をはぐくんできたと思います。
 その一つの成果は、6月2日の3万人国会包囲行動に現れました。その集会では福島や原発現地の方々のアピールが諸発言の半ばを占めました。首都圏の人々に「再稼働阻止闘争の柱は現地の闘いにある」、「現地を軸に全国的に闘わねばならない」ということを、深く印象づけたと思います。
 これまで原発立地地域と、電気の消費地である都市部とは、必ずしも闘いの連携が強かったわけではありません。そればかりか、原発を押しつけ、過疎化を再生産する差別の構造さえあったかもしれません。
 私たちは、現地闘争を包みこみ、全国的に結びついた再稼働阻止闘争のなかで、この原発50年の歴史をひっくり返したいと考えます。
 ひとたび止めることのできた原発は、必ずまた止めることができます。
 「原発のない社会」は、私たちの目前にあります。
 泊原発再稼働を一人ひとりがつながった力で阻止しましょう!
 規制庁を糾弾し、安倍政権を追いつめ、すべての原発の再稼働をゆるさず共に闘いましょう!
---------------------------------------------------------------------
再稼働阻止全国ネットワーク
●昨年11月、16の原発現地と東京・関西の市民が、再稼働阻止のために集まった団体です。
●連絡先:たんぽぽ舎気付
     〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
            電話 070-6650-5549 FAX 03-3238-0797

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

8月10日(第2土曜日)
4時集合・・・4時半出発
赤鉄橋おまつり広場集合

◆8月10日(土)  4時半~
◆9月14日(土)  4時半~
◆10月12日(土) 2時~
◆11月 9日(土) 2時~
◆12月14日(土) 2時~






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づきましょうよ!!!!




原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん





もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、分かりましょうや!!!?



我々の未来を奪う危険な代物ですって。







全国各地 お近くの原発の廃炉を
要求しましょう。













ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://40010111.blog75.fc2.com/tb.php/1670-6f7e5fe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:56才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり