Entries

原発撤去す富山ガレキ阻止のお母さんらを市長が刑事告訴した

【環境 blog です
人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 625:原発撤去す富山ガレキ阻止のお母さんらを市長が刑事告訴した!!!!



もう、後悔したくないんです!!!!!!!


ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

これで、
四国内は、原発による発電は一切なくなりました。

停電の心配はいりません。
四電も「大丈夫!!」と、言っていますし・・・・・・。

あれだけ、電力量が足らないと脅しまくったくせに。

やつらの頭の中をのぞいてみたいですね。



※稼働30年以上の老朽化原発です。

地震対策がなされていない原発です。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。

↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん
原発:デモ原発残って・・・・
原発:デモ犬

言葉の力
未来を切り開く。


原発:デモ地球をなんだと・・・・・







こんな国に生まれ、

何も抵抗できずに

放射線障害になってしまうであろう

子どもたちの運命を

放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。





★原発撤去す富山ガレキ阻止
のお母さんらを市長が刑事告訴した
行政が弱い立場の個人を
恫喝するスラップ訴訟だ
立ち上がった富山のお母さんらを支援しよう
 └──山田 武 (たんぽぽ舎会員)


 3/3「富山ガレキ阻止大会」に参加しました。
富山市で最終処分場への震災ガレキ焼却灰の搬入を阻止しようとしたお母さんらが刑事告訴されました。
 県警察本部に告訴したのは、富山地区広域圏事務組合(森雅志富山市長)です。住民の権利を守るべき公務員が弱い立場の個人を恫喝し抗議活動を萎縮させ住民分断を狙う告訴は許せません。仲間と新宿から夜行バスに飛び乗り駆けつけました。
 司会は木下黄太さん、壇上にお母さん方、山本太郎さん、大阪の下地真樹さん、青木泰さんを迎えて会場に200人近く集まりました。
 昨年12月富山県立山町の焼却施設で岩手県山田町のガレキ25トンを一般ごみ970トンと混ぜて試験焼却。
 12月18日に灰を積んだトラックが富山市池多地区の山本最終処分場に向かった際、住民十数人が道を約十時間ふさいで搬入を阻止しようとしました。
 住民グループ代表の中山郁子さんは「最終処分場のある地区全体への説明を求めただけで告訴されるようなことはしていない」と訴えました。
 住民側は翌3月4日、岩手県との間でガレキ処理の契約を結ぶ富山県と、地元の富山市に対し、広域処理の中止を求める住民監査請求を提出しました。
 住民監査請求で富山の震災ガレキ広域処理のいい加減さ、復興資金の無駄遣いなどで行政側を追及します。岩手の中山一絵さんも森雅志へ告訴取りやめを訴える要望書を提出しました。そもそも汚染拡散・希釈は国際合意に違反しています。ドイツ放射線防護協会は、汚染ゴミの希釈を停止するよう、日本の官庁に勧告しています。
 IAEAの基準に基づき、原発から出た廃棄物は、100ベクレル/Kgを超えれば低レベル放射性廃棄物処分場で厳格に管理されているのに、各地で8000ベクレルまで埋立処分されています。
 富山市のほか、高岡市、魚津市でも震災ガレキの受け入れに向かっています。高岡市は震災ガレキ受け入れで国から震災復興特別交付税などを受け取ります。
 氷見市にごみ処理施設を建設し、ガレキ受け入れに伴って国から約18億円が交付されます。
 ガレキ処理受け入れを決めた自治体は金に目がくらんだとしか言いようがありません。
 環境省は2013年1月25日に公表した震災ガレキ処理計画の見直しで、広域処理の必要量を当初の推計の401万トンから69万トンに下方修正しました。地元で処理できます。バカげた税金の無駄遣いです。

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

1月・2月・3月は、休みです。






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づきましょうよ!!!!




原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん





もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、分かりましょうや!!!?



我々の未来を奪う危険な代物ですって。







全国各地 お近くの原発の廃炉を
要求しましょう。






現存する火力・水力・風力発電で
十分電力はありますからご心配なく。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-05.pdf

そして、
未来への安全で安心な
自然エネルギーへ転換していくことこそが
今生きているものの使命です。

原発廃炉という選択が第一歩です。











ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://40010111.blog75.fc2.com/tb.php/1543-ca1235a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:56才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり