FC2ブログ

Entries

危険な原発 355:「伊方原発の再稼働を認めないことを求める意見書」が四万十市議会で採択されました

【環境 blog です
人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 355:「伊方原発の再稼働を認めないことを求める意見書」が四万十市議会(高知県)で採択されました!!!!!!!


原発がいかに危険な代物かが
お分かりになられたでしょう!!!!!!!!!?



ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

これで、
四国内は、原発による発電は一切なくなりました。

停電の心配はいりません。
四電も「大丈夫!!」と、言っていますし・・・・・・。

あれだけ、電力量が足らないと脅しまくったくせに。

やつらの頭の中をのぞいてみたいですね。



※稼働30年以上の老朽化原発です。

地震対策がなされていない原発です。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。

原発:デモ行進22
原発:デモ犬

言葉の力
未来を切り開く。


原発:デモ地球をなんだと・・・・・





こんな国に生まれ、

何も抵抗できずに

放射線障害になってしまうであろう

子どもたちの運命を

放置してもいいのでしょうか。

私たち大人には、

原発を止められなかった責任があります。

対岸の火事ではありません。





★「伊方原発の再稼働を
認めないことを求める意見書」
が四万十市議会(高知県)で
採択されました。


当初の見込みでは1票差で可決か?ということにようでしたが、結果的には17対4の圧勝でした。
これは間違いなく、傍聴席の目を気にして立った議員がかなりいたことの証明です。

しかし、これはまだ小さな一歩にしか過ぎません!
伊方再稼働絶対阻止!に向けて、今後ともご協力お願いいたします。


浜田議員・大西さん
お疲れ様でした。






「伊方原発の再稼働を認めないことを求める意見書」


東京電力福島第一原子力発電所の事故から1年たったが、事故原因の究明は進まず、事故収束のめども、避難されている被災者がふるさとへ帰る見通しもたっていない。放出された放射能で被曝した住民、とりわけ乳幼児、子どもたち、妊婦、若者たちへの健康被害も懸念されている。広域に広がる放射能汚染地域の農林水産業や生活被害への補償、除染費用、被曝がれきの処理など、長い時間と莫大な費用がかかることも明らかになっている。
にもかかわらず、政府と四国電力は福島原発事故の教訓をも顧みず、伊方原発の再稼働を急ごうとしている。これは周辺住民の生命と健康を脅かす行為であり、断じて認めるわけにはいかない。
伊方原発は日本最大の活断層・中央構造線のほぼ真上に位置しているにもかかわらず、地震に対する備えはきわめて不充分で、再稼働を差止める新たな訴訟も起こされている。伊方原発のような加圧水型原発は、原子炉格納容器内に窒素が注入されていないために、過酷事故が起きれば格納容器が水素爆発を起こす危険性があるにもかかわらずその対策もとられていない。
また、伊方原発3号機はプルサーマル発電が行われており、MOX燃料自体の強毒性や制御不能性などほかの原発にない危険性を持っている。
本年2月11日に国際NGO「グリーンピース」が、伊方原発周辺から200個の風船を飛ばした実験は、わずか3時間後に四万十市竹島に風船が飛来したという驚くべきものだった。伊方原発で事故が起きれば、原発周辺地域はもちろんのこと、四万十川流域や豊後水道、宿毛湾、足摺半島など高知県西南部が放射能に汚染される可能性が高いことは明らかである。
よって四万十市議会は、福島原発事故を教訓としてかけがえのない故郷を守るために次のことを要望する。


1 伊方原発の再稼働を認めないこと。
2 原発にたよらないエネルギー政策へ政治決断し、必要な法的、制度的、財政的措置をとること。


以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


平成24年6月27日
四万十市議会
内閣総理大臣 野田佳彦 様
経済産業大臣 枝野幸男 様
愛媛県知事  中村時広 様




★四万十市議会=採択の瞬間です。

向かって左側の1番前で座ってるのが平野議員、その後ろが中屋議員です。
この二人は同じ会派です。
向かって右側の1番前で座ってるのが三吉議員、1期目の議員です。この議員が最も強く原発に賛成している議員だそうです。
その後ろが上岡議員です。

原発355:四万十市議会


ちなみに
同日、高知県土佐清水市議会でも同じ内容の意見書が、1票差の僅差で採択されたそうです!!

ちなみに②
福島市議会では大飯原発再稼働反対の意見が否決です。




ちなみに、
四万十町議会にも
同じ内容の意見書を提出しています。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
7月14日(土)
PM4:30~ です。

赤橋下 広場にて



2012年の日程は次の通り、いずれも第2土曜日です。

○7月14日(土)4時半~

○8月11日(土)4時半~

○9月8日(土)4時半~

○10月13日(土)2時~

○11月10日(土)2時~

○12月8日(土)2時~

いっしょに歩きましょう。






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づきましょうよ!!!!




原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん
お友達から使ってよいというのでお借りしてきました。





もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、分かりましょうや!!!?



我々の未来を奪う危険な代物ですって。







全国各地 お近くの原発の廃炉を
要求しましょう。






現存する火力・水力・風力発電で
十分電力はありますからご心配なく。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-05.pdf

そして、
未来への安全で安心な
自然エネルギーへ転換していくことこそが
今生きているものの使命です。

原発廃炉という選択が第一歩です。











ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。





イチロしーまんとへ

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://40010111.blog75.fc2.com/tb.php/1270-5a9f8526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:57才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり