Entries

小林麻央さんの逝去を悼んで

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2177:この悲劇はすべての人々にがんと原発事故による東京圏の放射能汚染との関連を考えてみるように改めて迫っている!!!!!



もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

そして、
4年7ケ月で再稼働(発送電)をさせちゃいました。

自分の無力さを感じます。

なんてやつらだ!!!
やつらの頭の中をのぞいてみたい。


「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




プルサーマル発電ですよ。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・





◆小林麻央さんの逝去を悼んで
この悲劇はすべての人々にがんと原発事故による東京圏の放射能汚染との関連を考えてみるように改めて迫っている
 └──── 渡辺悦司(市民と科学者の内部被曝問題研究会)
 

 フリーアナウンサーで、歌舞伎役者市川海老蔵さんの妻である小林麻央さんが乳がんのため34歳の若さで亡くなりました。非常に痛ましく悲しい出来事です.
 この悲劇は、すべての人々に、がんと原発事故による東京圏の放射能汚染との関連を考えてみるように改めて迫っていると感じます。
 マスコミでは、彼女のがんは「家族性」とされ、急速な病気の進行は「想定外のスピード」とされ、早期に「精密検査」を受けなかった麻央さん・海老蔵さん側あるいは医師側の判断に責任があるかのように、多く報道されています。
 海老蔵さん・麻央さんが、原発事故直後に福岡や京都に「避難」したことにより、多くのマスコミからバッシングを受けたことなどは、まるで忘れ去られているかのようです。
 がんと福島第一原発事故の放射能による放射線被曝との関連は、慎重に避けられ、何もなかったかのように「印象操作」が行われているように感じるのは、私だけでしょうか。

1つの典型として、産経新聞の論説を引用しておきましょう。
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170624-00000088-san-hlth
 ここで、問題は3つあります。
(1)家族性がんの遺伝子変異を持っているかその可能性のある人々の放射線感受性、つまり放射線によりがんに罹患しやすい体質(易罹患性)、
(2)そのような放射線高感受性の人々の避難・移住の権利、
(3)放射線影響によるがんの進行と悪性化の速度、です。
 実際には、彼女の個別的な症例について、放射線影響がどの程度の作用を果たしたかをはっきりさせることは不可能です。
 ですから、きわめて一般的に、今回のような家族性の遺伝子変異をもつ可能性の高い人々の集団(たとえば乳がんの場合は約400人に1人いるとされる)に対する、放射線被曝影響の特別な性質という問題として、考えてみましょう。

(1)家族性がん遺伝子変異と放射線感受性

 麻央さんのお母様も乳がんの既往歴があり、がんは「家族性」のものではないかと疑われています。
 確かに麻央さんは、ブログで、BRCA1とBRCA2の遺伝子変異について検査したところ「陰性」だったとして、遺伝性のがんであることを否定しています。
 https://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12207314239.html
 ですが、この2つの遺伝子変異は、家族性乳がんの40%程度であり、ほかに、
CHEK2、TP53、PTEN、ATM、STK11など数多くの遺伝子変異もありえます。
 また、残りの50%ほどの家族性遺伝子変異は、まだ十分解明されていません。
 つまり、麻央さんが、遺伝的に乳がんになりやすい遺伝子変異を持っていた可能性は、2つの遺伝子の陰性によっては否定できないわけです。
 この点は、上記の産経論説は問題を正しく提起していますが、問題はここからです。
 いま重要なことは、これら家族性乳がんの変異遺伝子のほとんどが、損傷したDNAを修復する機能に関連しているがん抑制遺伝子である点です。
 私が参照したのは、デヴィータ編『がんの分子生物学 第2版』メディカル・サイエンス・インターナショナル(2017年)です(334~335頁、534~544頁を見てください)。
 つまり、麻央さんが家族性乳がんの遺伝子変異を持っていた可能性があるということは、麻央さんは、生まれつき、遺伝子損に対する生体の遺伝子修復機能が弱く、したがって、「放射線感受性が高かった」「放射線影響によるがん易罹患性であった」可能性があるということを示しています。
 放射線被曝一般は、過剰ながん発症とがん死を引き起こすリスクを持っており、ICRP(国際放射線防護委員会)はそれを認めて、そのリスク係数を定めています。

 ちなみに、10万人が100ミリシーベルト被曝した場合(つまり1000万人が1mSv被曝した場合)、ICRP2007勧告の現行のリスク係数は、がん全体で、1700件の発がん・400人のがん死です。
 そのうち、乳がんは、110件の発がん・33人のがん死です(ICRP同勧告138~9頁)。
 乳がんは、発がんの放射線関連性では、皮膚がん、肺がんに次いで高いレベルです。
 すなわち、乳がんも含めて放射線被ばくにより健康被害と犠牲者が出ることは、政府の施策の基礎となっている国際的な基本文書において、すでに「分かっている」のです。

 われわれは、ICRPを批判的に検討してきたECRR(欧州放射線リスク委員会)にしたがって、これらが、およそ40分の1の過小評価であると考えています。
 この一般的な発がん・がん死リスクに加えて、家族性の遺伝的がん要因を持っている人々は、それよりも高いリスク要因をもっているわけです。
 つまり、たとえ低線量でも放射線被曝をした場合に、他の人々よりも、影響を受けやすい、がんになりやすい体質を持っているかもしれないということです。
 最近のがん生物学の発展のもう一つの重要な成果は、がんは「遺伝子(ゲノム・エピゲノム)変異の蓄積」によって生じるということです。

 ここで、キーワードは「蓄積」です。
 したがって、放射能による汚染が高ければ、それによる遺伝子変異の「蓄積」の速度もまた急速になるし、またがんの進行と悪般的結論が出てきます。


(2)高感受性の人々の避難・移住の権利

 福島第一原発事故直後に、海老蔵さんと麻央さんは、福岡に避難しました。
 だが、マスコミや右翼がこの避難をさかんにバッシングしたことは、記憶に新しいところです。
 いまや、マスコミは、この事実さえも、黙って隠そうとしているようです。
 それらの記事の多くは、今ではネット上から削除されていますが、『女性セブン』の記事は、まだ残っていましたので、下に引用しておきます。
 http://www.news-postseven.com/archives/20110729_26924.html?PAGE=1
 ここでは、「放射能が心配で逃げて何が悪いんだよ。妊婦なんだから、避難させるのは当たり前じゃないか」という海老蔵さんの切実な発言が引用されていますが、全くその通りです。
 このバッシングについてのコメントの方は、まだいくつか残っています。
http://dreblog.dreamlog.jp/archives/5049976.html
http://hitomi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1465452500/l50

 ですから、もしも、実際に生じたようなマスコミと推進派による無責任なバッシングがなかったら、もしも、ご夫妻が東京都内で住み続けるという選択ではなく、放射線レベルの低い、したがって遺伝子変異が体内に蓄積するテンポの低い環境で、彼女が静かに生活することができていれば、あくまでも一般的に言ってですが、病気が発症しなかったか、病気の経過が変わった可能性はあったと考えられます。
 今はっきり言えるのは、福島第一原発事故の直後に、海老蔵さんと麻央さんをバッシングしたマスコミ、右翼論客、原発推進派、福島第一原発事故の健康被害ゼロ論の主唱者たちは、今こそ恥を知るべきだということです。
 放射線感受性の高い人々の生存権、健康で人間的な生活を送る基本的権利を、無残にも踏みにじった事実をいったい何と考えているのか、ということです。
 また、別な言い方をすれば、彼らは、放射線の健康影響を否定し、それを指摘する人々を「風評被害」や「放射脳」などと誹謗することによって、自分で自分の首を絞めているようなものなのです。

 遺伝子的に放射線高感受性の人は、ICRP・放医研によっても人口の1%、ECRRによれば人口の6%(つまり16人に1人)にも上るとされています。
 さらに、遺伝子変異がなくても、受精した胎芽や胎児、乳幼児や子供、若い女性などは、家族性がん遺伝子の変異を持つ人々と同様、高い放射性感受性を持っています。
 政府やマスコミ、推進派の人々にも、自分の愛する人、自分の家族や親族、子供や孫、自分の友人や知人、ファンである役者や歌手やスポーツ選手やアナウンサーなどがあり、それらの人々の中には、かならずこのような高感受性の人がいるはずなのです。
 彼らの発言は、自分の愛する近しい人々の運命に、自分で暗い影を落としているに等しいのです。
 いま、マスコミは、かつてのバッシングのことなど忘れて、麻央さんの追悼番組や特集を組み、いわば「偽りの涙」を流しているかのようです。
 家族性の遺伝子変異を持つ可能性のある人々こそ、放射線高感受性であり、がんやいろいろな病気への易罹患性であるリスクがあり、汚染の高い地域から、真っ先に避難しなければならなかったし、今でもそうなのです。
 その権利を認め、社会的経済的に保障するのは当然のことです。

(3)がん進行の「想定外のスピード」と放射線被曝との関連

 もちろん、くりかえしになりますが、麻央さんの具体的な症例から放射線影響を証明することは不可能ですが、彼女のがんの進行が、「想定外のスピード」(産経新聞)というように極めて速かったことは、福島の子供の甲状腺がんの進行速度を連想させます。
 福島の子供の甲状腺がんの場合、1年前の検診では、「異常なし」だったのに、1年後にはリンパ節転移した甲状腺がんが見つかっている人たちがたくさんいるという現実との共通性を感じるほかありません。
 この問題は、まだ未解決で今後の課題ですが、若年層の家族性がんは一般的に進行速度が速いという点に加えて、内部被曝によるがんの発症には極めて急速に進行するという特殊な機序があると考えるべきでしょう。

(4)家族性の放射線高感受性および放射線誘発がんの特殊性

 これらすべてから、麻央さんの悲劇が教えるものは、家族性の放射線高感受性および放射線誘発がんの特殊性という、日本政府もICRPも無視しているこの問題のもつ、深淵を見るような深刻性なのです。
 小林麻央さんは、放射線影響のがんの犠牲者であった可能性の高い事例の一つとして、一時ではなく永遠に、記憶され追悼されることになると確信いたします。
 それこそがわれわれとして小林麻央さんを追悼するのに最もふさわしい道だと。

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
8月12日です。


◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
9月9日です。
10月14日です。
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:56才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり