Entries

政府はなぜ子どもたちの命を守らないのか-意見陳述書(下)

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2111:大飯原発3、4号機運転差止訴訟・控訴審2017年1月30日
名古屋高等裁判所金沢支部第10回口頭弁論 (下)(2回連載)!!!!!!




もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

そして、
4年7ケ月で再稼働(発送電)をさせちゃいました。

自分の無力さを感じます。

なんてやつらだ!!!
やつらの頭の中をのぞいてみたい。


「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




プルサーマル発電ですよ。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・





◆意見陳述書-政府はなぜ子どもたちの命を守らないのか
大飯原発3、4号機運転差止訴訟・控訴審2017年1月30日
名古屋高等裁判所金沢支部第10回口頭弁論 (下)(2回連載)
 └──── 木田節子 (原告・福島県富岡町から茨城県水戸市に避難)
 
         
◎福島県の子どもの甲状腺ガン発症者が2016年12月には、疑いを含めて183人と発表されました。平時の子どもの発症率は100万人に1人から2人と言われていることに照らし合わせると、福島の子どもは1億8000万人、または9000万人以上いなければならないことになります。震災当時18歳以下だった福島県の子どもは約37万人、日本の総人口は1億3000万人です。

◎福島県は震災の年から県民の甲状腺検査や、体内の被ばく量を測定するホールボディ検査を行っています。治療や経過観察が必要とされた人の医療費は福島県が全額負担することになっていますが、甲状腺の摘出手術を受ける時、転移・再発については「口外しない」という同意書を書かなければなりません。そのためか、どのような治療が行なわれているのか分かりません。
 親たちが同意書に応じてしまうのは、同意しなければ治療費が自己負担になることや、子どもの将来への影響を考えてしまうからでしょう。
 甲状腺がん発症者は子どもだけでなく大人にも多発している。県の検査で3回異常なしと言われたが、気になるので他の病院で診てもらったらがんだった。肺の裏まで転移していて手術後にアイソトープを飲む治療を受けた。この治療は放射能を飲む治療で、治療中は誰にも会えない。自分自身が放射性物質になるようなもの。医者も防護服を着用し、着替えは放射性廃棄物なので処分。治療期間は4日間だったが現在体調は良好とのことです。

(3) まとめ
◎私は原発避難者になるまで、原発の町に暮らしながら、原発が過酷事故を起こすほど脆弱であるなどと考えたことがありませんでした。震災時は所用があって福島には居りませんでしたが、爆発した原発の状況を繰り返し伝えるニュースの映像と緊張感ある政府発表で、はじめて現実に目覚めたのです。
 それでも、当初は避難生活が6年も続くとは思いませんでしたし、その後議論されるようになった健康被害が発生したり、最悪、双葉郡全体が移住することになったとしても「この国は福島県民を見捨てることはしない。さまざまな補償は
してくれるだろうし、加害企業の東京電力は責任を取るに違いない」と信じてい
たのです。

◎よもやフクシマを教訓に一度は止まった全国の原発を、再び動かす日が来るとは考えもしませんでした。「政府は加害者であるはずの東電は守り、なぜ福島県民や子どもたちの権利や命を守らないのか」…

◎「ICRPとは国際放射線防護委員会の略称で、専門家の立場から放射線防護に関する勧告を行う民間の国際学術組織。非営利団体として公認の慈善団体でもある」とあります。そのICRPも「1年間の被曝限度となる放射線量を平常時は1mSv未満」と定めていました。
 ところが、福島の原発爆発からわずか1ヵ月後の4月21日、文科省は「暫定的」としながらも、福島県内の小中学校等の安全基準として年間20mSv以下の新基準を適用するよう、福島県に通知しています。

◎東電第一原発爆発後、原発から30キロ圏内が強制避難区域とされたのは平時の1mSvが適用されたためで、新しい基準の20mSvを適用後は、原発事故による放射能汚染が広がった場合でも、その加害者である電力会社は広範囲で長期に渡る責任、つまり損害賠償を、以前に比べて軽減できることになる。
 福島を例にとれば、国がどれほど費用をかけて除染しても基準値である年間1mSv以下にはならずにお手上げ状態の汚染地帯が、今回の新基準を当てはめれば20倍も緩くなり、除染の必要はなくなってしまう。同時に家や土地などの損害賠償の対象地域も狭まるだろう。また原発を新設する上でも避難区域の設定が狭まることでハードルが今よりも低くなる。まさに推進派にとっては全てにおいての魔法の規定。

◎調べるほどに一度は暗澹(あんたん)たる気持ちになった時、一審の福井地裁判決を読み直しました。日本政府がすでに原発を推進した後であっても、「豊かな国土に国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の損失」の言葉で、推進する人々を諭してくれました。

◎「原子力発電技術の危険性の本質及びそのもたらす被害の大きさは、福島原発事故を通じて十分に明らかになったといえる」と、数年先を予告し、福島の今が福井の未来にならないようにと、守っていただきました。

◎本日の裁判官の皆さまには、魔法の規定に頼ることなく、あなたの町を次のフクシマにしなかったのは私たちですと誇れる、素晴らしい判決を下されるよう、お願い申し上げます。(了)

 (「-若狭の原発を考える-はとぽっぽ通信」2017年4月第216号・「原発設置反対小浜市民の会」発行より許可を得て転載)

※(上)は4月25日発信の【TMM:No3062】に掲載。

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
5月13日です。
4時から 



◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
6月10日です。
7月8日です。
8月12日です。
9月9日です。
10月14日です。
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:56才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり