FC2ブログ

Entries

『伊方原発』 のメリット・デメリット

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 1469:『伊方原発』 のメリット・デメリット!!!!!!




今年が正念場です。

今年も、ガンガン攻めます。

我々の未来のために・・・・


そして、

もう、後悔したくないんです!!!!!!!






ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

これで、
四国内は、原発による発電は一切なくなりました。

停電の心配はいりません。
四電も「大丈夫!!」と、言っていますし・・・・・・。

あれだけ、電力量が足らないと脅しまくったくせに。

やつらの頭の中をのぞいてみたいですね。



※稼働30年以上の老朽化原発です。
地震対策がなされていない原発です。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。

↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・







 こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




◆『伊方原発』 の
メリット・デメリット


                                                 
世の中にはメリット・デメリットがあります。
デメリットを凌駕するだけのメリットがあればこそ
ものが考え出され、
ことが進んでいきます。

では、
電力会社の言うメリットはなんでしょう?

◆安全ですか ?・・・36年前スリーマイル島事故(1979年3月28日)・29年前チェルノブイリ事故(1986年4月26日)・15年前東海村JCO臨界事故(1999年9月30日)・4年5ヶ月前福島第一事故(2011年3月11日)と歴史から見ても、事故が起きることは明らかです。
しかも、原子力規制委員長自ら「基準の適合性は見ていますけれども、安全だということは私は申し上げません」と述べているように、規制委員会の「合格」は安全を保障していません。

◆安価ですか ?・・・立命館大学:大島堅一教授の試算では、事故が起きる前であっても、水力・火力より高かったとされています。しかも、廃炉費用や今回の事故のように保障費は加算されていません。

◆クリーンですか ?・・・「地球温暖化CO2元凶論」は、原発推進派が出してきた詭弁で確たる証明されたものがありません。むしろ、地球温暖化については、『太陽黒点活動主因論』が世界中の学者で話題となっています(この説が表に出てこないこともおかしい!)。地球温暖化になっているとすれば、CO2が主因ではないにしても拍車はかけているでしょう。百歩譲って、電力会社の言うCO2悪者説が正しいとしても、原発を動かしている間はCO2を出さない、としていますが、複雑怪奇な原子炉を建てる時、ウラン燃料加工時や核のゴミ処理時等々には大量のCO2を出しています。かつ、今回の事故でもお分かりのように、大量の放射能が排出され、クリーンなどとは程遠い話です。
(※「地球温暖化になっているとすれば」と書いたのは、1960年代から1970年代にかけて寒冷化の時期があり、富士五湖が凍りワカサギ釣りができたほどで、地球のサイクルからいうと温暖化と寒冷化を繰り返しているだけだからです。ちなみに、産業革命が起こる前の10世紀から13世紀のころに、今は氷の世界のグリーンランドが植民地となっていたことが記録に残っており、最盛期にはその島に280の農場があったほど。 そこは当時、青々と緑が茂っていたので、“グリーンランド”と名付けられたそうです)

※“安全・安価・クリーン”のこの三拍子を電力会社は、最近、言わなくなりました。
というより、言えなくなりました。

◆電力不足 ?・・・四電過去10年間(14~23年度)のデータ(四電広報より提出)からも十二分に足りていることは明らかです。他社へ融通できるほどでした。伊方原発が平成24年1月13日に全基停止してから3年半以上経過していますが、今夏においても、四国電力管内において電力不足は生じておりません。電気を十分提供できることを四電自身が証明しています。

◆安定供給 ?・・・すでに稼働している「ガスコンバインドサイクル発電」増設により、いとも簡単に可能です。

◆経済が悪化 ?・・・電力は足りていましたから、電力不足による経済が悪化していることはありません。原発が稼働していた時より、今現在の方が経済はよくなっています。お隣中国は、世界第二の経済大国。電源構成を見てみると、原発は1%(2012年)ほどで、原発があるナシは経済と無関係であることは明らかです。

◆電力の代替案 ?・・・まず、電力は足りていますから、現在の原発発電量に相当する新たな発電システムは必要ありません。 地熱発電は世界一の技術大国です。 ガスコンバインドサイクル発電はすでに全国の電力会社で稼働しています。※資料は次回(明日)。

◆経営は ?・・・黒字です。 電気代を上げたまま、役員報酬を年収2300万円に引き上げました。

◆仕事が無くなる ?・・・いえいえ! 日本の技術をもってしても、廃炉作業に40年。ドイツが70年かかるとしてします。 私のような素人が廃炉作業をするより、今まで携わってきた人たちがやったほうがいいに決まっています。 50年前後は仕事があります。 その間に、自然エネルギーなどの新ビジネスが生まれ、転職もできます。

核のゴミ ?・・・どうします?? 答えは、何一つ持っていません。政府も・規制庁も・電力会社も・経団連も・その他原発推進派も。“核のゴミ”などと言う、家庭の生ゴミのような軽い言葉になっていますが、無力化するのに何万年もの時間を要する猛毒物質です。
放射性廃棄毒物 または、核廃棄毒物 という表現が正しいと思います。

その他、原発に反対する理由は五つあります。

第一:原発にはミスがある
     (スリーマイル事故、チェルノブイリ事故等)
第二:原発はテロ対策上問題である
     (9.11の時に標的になっていたと言われる)
第三:原発は戦争対策上も問題である
     (原発抱えて戦争できない)
第四:原発は地震・津波対策ができない
     (想定しての対策では想定外の地震津波は防げない。)
第五:原発はコストが高い

このうちで、今一番力を入れて主張しているのは「コストが高い」ということです。
経営者や企業家はコストについては厳しいので、説得するのに重要なポイントです。今まで原発はコストが安いエネルギーと宣伝されてきました。これは発電時のコストを比べただけの話です。
膨大な原発建設までのコストと廃炉のコストと算出できない廃棄物処理コストが入っていません。良く例え話に使うのは、放射性廃棄物の処分コストのこと。地震国日本での地層処分は無理。もしもどこかの国に100億円/年で地層処分を引き受けてもらえたとしても、管理期間の10万年間で1000兆円にもなります。これだけでも原発を止める理由になります。

以上のことから、

デメリットを凌駕するだけのメリットが、
どこかにありますか???

たかが電気のために、
命を危険にさらしてどうしますか?


ということです。


 





高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
8月 8日(土) 午後4時~


今後の予定は、
9月12日(土) 午後4時~
10月10日(土) 午後4時~
11月14日(土) 午後4時~
12月12日(土) 午後4時~

飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づきましょうよ!!!!




原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん





もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、分かりましょうや!!!?



我々の未来を奪う危険な代物ですって。







全国各地 お近くの原発の廃炉を
要求しましょう。













ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)
スポンサーサイト

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:57才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり