FC2ブログ

Entries

大間原発の安全審査と川内原発再稼働は一つのライン

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 1264:大間原発の安全審査と川内原発再稼働は一つのライン!!!!!!




今年が正念場です。

今年も、ガンガン攻めます。

我々の未来のために・・・・


そして、

もう、後悔したくないんです!!!!!!!






ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

これで、
四国内は、原発による発電は一切なくなりました。

停電の心配はいりません。
四電も「大丈夫!!」と、言っていますし・・・・・・。

あれだけ、電力量が足らないと脅しまくったくせに。

やつらの頭の中をのぞいてみたいですね。



※稼働30年以上の老朽化原発です。
地震対策がなされていない原発です。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。

↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・







 こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




◆大間原発の安全審査と川内原発再稼働は一つのライン
危険な場所に危険なフルMOX原発を建てるのはクレイジーである
 └────(野村保子 大間原発訴訟の会)

          
 2014年11月13日午後、函館市役所前に大間原発の安全審査申請を抗議する市民が60人ほど集まった。吹雪まじりの強風に「大間原発大間違い」の声も消されそうになる。この日電源開発の北村社長は青森県と大間町を訪ね、年内安全審査提出、2020年完工、21年運転開始を告げた。函館市には常務が訪れ報告した。函館市・工藤寿樹市長は「電源開発は国土や人の命を考えず、まず建設ありきだ。危険な場所に危険なフルMOX原発を建てるのはクレイジーである。遺憾を通り越し、あらためて裁判で闘う闘志を燃やす」と会見した。

 函館市では大間原発について2つの裁判が起きている。2014年4月、函館市が全国で初めて地方自治体として原発建設中止を求めて東京地裁に提訴した。もう一つは2010年7月市民団体が大間原発建設中止を求めて函館地裁に提訴した市民裁判である。
 なぜ行政区の違う函館で裁判が起きているのかの答えは地形にある。下北半島の突端にある大間町は青森市とは汽車とバスを乗り継いで7から8時間かかる。原発から50キロ圏内の人口は青森県では9万人、函館市とその近郊では37万人になる。福島原発事故後、避難計画策定義務の地域(UPZ)を30キロとした範囲に函館市が入る。避難計画は立てろ、しかし原発計画に意見を言うな、これはおかしいというのが函館の主張だ。
 2013年9月大飯原発が定期点検で止まり、日本の原発は全て止まっている。冬の北海道、夏の本州の電力需要ピークを乗り切った事実が日本の電気は足りていると教える。ではなぜ原発再稼働に大間原発新規建設なのか?

 大間原発はプルトニウムとウランを混ぜたMOX燃料を100%装荷する世界で初めての原発で、プルトニウムを年間6から5トン装荷する。原発が稼働して産まれる使用済み核燃料にはプルトニウムが生成される。言い換えると原発はプルトニウムを作るための技術であり、再処理工場はそれを取り出すプルトニウム生産工場なのである。22回も完成延期を繰り返す再処理工場、そこから出てくるプルトニウムを燃やして再度プルトニウムを取り出す高速増殖炉「もんじゅ」は15年も止まったままである。不完全なままの核燃料サイクルはエネルギーの保証ではなく、関わる企業に潤沢な資金を保証している。
 11月7日再稼働反対の市民の声が響く中、鹿児島県知事は川内原発再稼働にOKを出した。火山学者が危険というのを振り切っての決断である。
 今、日本を覆う再稼働の嵐は原発に反対する市民の声を無視して広がる。経済的恩恵を主軸に動く政治、経済界、地元自治体の意思と、普通に暮らす市民の命への向き合い方がこれほどまでにすれ違う国になってしまった。
 溜まり続ける使用済み燃料問題の解決法もなく、44トンも溜め込んだプルトニウムの行き場もない。大間原発がなければ原発のゴミ問題は解決できず、原発を動かすことはできない。大間原発は、日本を原発から出てくるプルトニウム処理のため世界に向けてアリバイ作りのために建設が強行される。大間原発を止めて全国の原発再稼働を止めることが急務である。

※大間原発一口メモ

 出力138万キロワットで日本最大の発電量。2008年に建設許可、2011年福島第一原発事故を受けて建設休止の後、2012年工事再開した。
 工事進捗率は37.6%。大間原発の特徴は初めてづくしである。MOX燃料を炉心の100%に装荷する世界で初めての原発。電源開発はその難しい原発建設を実験炉もなしで、経済性を求める商業炉を建設する。
  建設主体はこれまで一度も原発を建てたことがない電源開発。大間原発の敷地には未買収地がある。
  大間原発はABWR(改良型沸騰水型軽水炉)で、原子炉建屋と格納容器を一体化した設計である。30ミリから40ミリの鋼鉄性の格納容器を廃止、6ミリの鋼を内張りしたコンクリートの格納容器兼原子炉建屋が放射能の最後の砦となる。
  火山フロントに位置すること、津軽海峡など近辺に活断層の存在、六ヶ所再処理工場、東通り原発、使用済み燃料むつ中間貯蔵施設と核施設の集中する地域に建つ。

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
寒いので、しばし冬眠に入ります。






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づきましょうよ!!!!




原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん





もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、分かりましょうや!!!?



我々の未来を奪う危険な代物ですって。







全国各地 お近くの原発の廃炉を
要求しましょう。













ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)
スポンサーサイト



Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:57才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり