FC2ブログ

Entries

「消費地元」からNOを 誰かの犠牲で成り立つ豊かさなんて

【環境 blog です
人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 809:「消費地元」からNOを 誰かの犠牲で成り立つ豊かさなんて!!!!!!!





もう、後悔したくないんです!!!!!!!


ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

これで、
四国内は、原発による発電は一切なくなりました。

停電の心配はいりません。
四電も「大丈夫!!」と、言っていますし・・・・・・。

あれだけ、電力量が足らないと脅しまくったくせに。

やつらの頭の中をのぞいてみたいですね。



※稼働30年以上の老朽化原発です。
地震対策がなされていない原発です。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。

↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
原発:デモ犬

言葉の力
未来を切り開く。


原発:デモ地球をなんだと・・・・・







こんな国に生まれ、

何も抵抗できずに

放射線障害になってしまうであろう

子どもたちの運命を

放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。





◆「消費地元」からNOを 誰かの犠牲で成り立つ豊かさなんて
原発ゼロの行方 小浜の住職に聞く


○関西電力大飯原発(福井県おおい町)4号機が15日、定期検査入りしたことで、国内で稼働する原発が再び消えた。昨年暮れに原発推進の安倍政権が発足し、脱原発世論は巻き返しの嵐に直面している。福島原発事故後、2回目の原発ゼロの行方はどうなるのか。大飯原発から20キロ圏内の同県小浜市で、半世紀近く原発にノーを突きつけてきた明通寺住職の中島哲演さん(71)に話を聞いた。
○(前略)「まだ、潜在的に原発に反対している人は多数派だ。参院選直後の世論調査でさえ、再稼働反対の声が半数を超えた。悲観はしていないし、楽観もしていない。潜在意識をどれだけ顕在化できるかが、勝負だと思う。(中略)
 中島さんは「国民は現政権に多数を与えたが、稼働を託したわけではない」と言う。(中略)
 昨夏、政府、関西電力は大飯原発の再稼働を強行した。止められなかった反省から、中島さんは「立地地元」や「被害地元」を超え、「消費地元」という新たな視点を提唱している。
 大飯原発の場合、「立地地元」は、福井県おおい町だけになる。「この考え方では、10キロ圏内に含まれる小浜市は人口が多いのに同意が必要ないことになる。公平さを欠く」(中島さん)
 「被害地元」は30キロ圏外であっても、事故が起きれば、放射能の被害を受ける地域を指す。昨年、関西の水がめの琵琶湖を抱える滋賀県の嘉田由紀子知事や京都府の山田啓二知事が提言した。(中略)
中島さんは「どう喝に屈服し、食い止められなかった。原発の恩恵を受けてきた消費地元の意識を高めることができなかった」と振り返る。
○では、この2つを乗り越える「消費地元」とはどこを指すのか。
○ 稼働の逆風 流されぬ  四面楚歌でも半世紀闘った
    原発食い止めた小浜  「倫理的責任を痛感」
「ここなら、近畿2府4県が消費地元になる。若狭湾に林立する原発の電力消費地だ。ここに住む住民たちに訴えたい。若狭湾周辺の犠牲によって成り立つ豊かさを享受するのはやめようと」(中略)
 「電力不足を原発稼働の根拠にするなら、消費地が消費文明のありようを振り返り、省エネや節電の努力をすべきだ」(中略)
 小浜市内で1968年、原発建設計画が浮上した。(中略)市内の労働組合や宗教者ら大小のグループが、意見の食い違いを超え協力し、「美しい若狭を守ろう」の合言葉で団結した。(中略)当時の鳥居史郎市長は72年、「一人でも反対があるなら誘致しない」と断念した。
 さらに75年、再び市議会の保守系会派が原発誘致を持ち出し、立地調査促進の決議まで可決したが、後任の浦谷音次郎市長も「原発からの財源よりも市民の豊かな心を選ぶ」と、誘致しない考えを表明した。(中略)
○「ただ、小浜の反対運動でも、最初は声を出さない人が大半だった。それが次第にうねりになった。再稼働反対の世論が潜在的にあるならば、それは必ず実現できる」(中略)
 一貫しているのは自分の責任を問う倫理観と人を信じる心だ。(中略)
 「目先の利益に屈服して、原発建設を許し、後の世代にツケを残してしまった。倫理的な責任を痛切に感じなければならない。第二、第三の福島をつくってはいけない」(9月16日 東京新聞 こちら特報部より抜粋)

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

1時半 集合・・・2時 出発
赤鉄橋おまつり広場集合

◆10月12日(土) 2時~
◆11月 9日(土) 2時~
◆12月14日(土) 2時~






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づきましょうよ!!!!




原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん





もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、分かりましょうや!!!?



我々の未来を奪う危険な代物ですって。







全国各地 お近くの原発の廃炉を
要求しましょう。













ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に
スポンサーサイト



Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:57才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり