FC2ブログ

Entries

危険な原発 365:四国の過去10年間(14~23年度)の電力は足りていました!!!・・・・四国電力からの報告

【環境 blog です
人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 365:四国の過去10年間(14~23年度)の電力は足りていました!!!・・・・四国電力からの報告


原発がいかに危険な代物かが
お分かりになられたでしょう!!!!!!!!!?



ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

これで、
四国内は、原発による発電は一切なくなりました。

停電の心配はいりません。
四電も「大丈夫!!」と、言っていますし・・・・・・。

あれだけ、電力量が足らないと脅しまくったくせに。

やつらの頭の中をのぞいてみたいですね。



※稼働30年以上の老朽化原発です。

地震対策がなされていない原発です。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。

原発:デモ行進22
原発:デモ犬

言葉の力
未来を切り開く。


原発:デモ地球をなんだと・・・・・





こんな国に生まれ、

何も抵抗できずに

放射線障害になってしまうであろう

子どもたちの運命を

放置してもいいのでしょうか。

私たち大人には、

原発を止められなかった責任があります。

対岸の火事ではありません。





★四国の過去10年間(14~23年度)の
電力は足りていました!!!
・・・・四国電力からの報告


川下 徳之 様

いつもお世話になっております。

四国電力 広報部の黒島です。
先般、ご質問いただいた件につきまして、
以下のとおり回答させていただきます。

ご確認のほどよろしくお願いいたします。

◆原子炉1~3号基の停止した時期 ・・・・電力供給能力
 1号機・・・・平成23年 9月 4日  ・・・56万6千kw    
 2号機・・・・平成24年 1月 13日 ・・・56万6千kw   
 3号機・・・・平成23年 4月 29日 ・・・89万kw

 合 計約202万kw 


◆四国の過去10年間(14~23年度)の
電力供給能力と需給電力(最大電力)
         

年 度       設備容量     設備容量     需給電力
         (原子炉を含む) (原子炉を除く)  (最大電力)
            ※1         ※2

H14年度   813     611     574
H15年度    814      612     564
H16年度   814      612     569
H17年度   835      633     554
H18年度   835      633     581
H19年度    816      614     593
H20年度    816      614     599
H21年度    816      614     542
H22年度    845      643     597
H23年度    845      732     544
                 (単位:万kw)


原発365 四電過去10年間の電力需給

グラフにすると、一目瞭然!

原子炉「伊方1号機~3号機」抜き(緑)で
十分に電力(折れ線グラフ)は足りています。

しかも、・・・・


◆過去10年間(14~23年度)、
他社への電力融通量、最大50万kw 

(時期や時間帯によって異なります。昨年12月1日以降は停止)
・・ 上記、最大電力に含まれています。


他社へ電力融通できるほど足りています。


「関西圏の電力基地!?」


※  阿南火力発電所1号機(徳島県:H14年停止)
長期計画停止中・・・・・・・・総出力12万5千kW(含まれていません)

※1 「設備容量」は、当社が所有または受電できる発電設備の出力の合計であり、日々の運用においては、出水の状況や定期検査の影響などによって、これらすべてを供給能力としてカウントできるわけではありません。

※2 需要が変動する日々の需給運用の中では、最大電力発生時における電源別の出力を正確にお示しすることはできません。しかしながら、平成14年度~平成22年度については、最大電力発生時において、伊方発電所1号機~3号機すべてが稼動しておりましたので、概ね上記から約202万kWを差し引いた値とご理解ください。また、平成23年度については、1号機 および2号機のみが稼動中でしたので、概ね上記から約113万kWを差し引いた値とご理解ください。


◆今年度の電力供給量(予想) と 最大電力(予想)
     ・・・・・587万kw          ・・・・・585万kw
                   (猛暑気温かつ、節電織込み)

※過去のデータから見ても作為性を感じます。

※四電も認めた「やらせ問題」、各電力会社のウソ・隠ぺい体質などなどより
額面通りには受け取れません。

 
以上です。ご不明な点などがございましたら、
ご連絡くださいませ。
*****************************************
四国電力株式会社
広報部エネルギー広報グループ 黒島 達也
TEL:(087)821-5061 FAX:(087)826-1250   
mailto:postmaster@yonden.co.jp




電力が足りていますのは
これもひとえに
黒島さんをはじめ
四電さんの努力のたまものです。




四電の黒島さんは電話でも
誠実に対応していただきました。

とってもイイ人だと思います。

ただ、
社員の誠実さと会社のいい加減な経営方針とは別問題です。

「いい加減な経営方針」
の根拠は、『四電への質問状~核のゴミ問題』
http://40010111.blog75.fc2.com/blog-entry-1277.html
を以前より問い合わせていますが回答がないこと。

電話の問い合わせに対し、即答できないこともさることながら、
こんな質問は想定し回答が用意されていないといけない。


こんないい加減な会社が
あんな危険なもの(核・放射能)を扱っている、
ということです。


全国のみなさん、
原発の風下のみなさん、

電力会社へ、
需供電力のデータと核のゴミ問題の
問合せをしてみてください。



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
7月14日(土)
PM4:30~ です。

赤橋下 広場にて



2012年の日程は次の通り、いずれも第2土曜日です。

○7月14日(土)4時半~

○8月11日(土)4時半~

○9月8日(土)4時半~

○10月13日(土)2時~

○11月10日(土)2時~

○12月8日(土)2時~

いっしょに歩きましょう。






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づきましょうよ!!!!




原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん
お友達から使ってよいというのでお借りしてきました。





もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、分かりましょうや!!!?



我々の未来を奪う危険な代物ですって。







全国各地 お近くの原発の廃炉を
要求しましょう。






現存する火力・水力・風力発電で
十分電力はありますからご心配なく。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-05.pdf

そして、
未来への安全で安心な
自然エネルギーへ転換していくことこそが
今生きているものの使命です。

原発廃炉という選択が第一歩です。











ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。





イチロしーまんとへ
スポンサーサイト



Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:57才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり