FC2ブログ

Entries

危険な原発 364:たくさん張られた脱原発テント、

【環境 blog です
人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 364:たくさん張られた脱原発テント、
大飯原発ゲート前から響きわたる再稼働反対の声!!!!!!!!!


原発がいかに危険な代物かが
お分かりになられたでしょう!!!!!!!!!?



ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

これで、
四国内は、原発による発電は一切なくなりました。

停電の心配はいりません。
四電も「大丈夫!!」と、言っていますし・・・・・・。

あれだけ、電力量が足らないと脅しまくったくせに。

やつらの頭の中をのぞいてみたいですね。



※稼働30年以上の老朽化原発です。

地震対策がなされていない原発です。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。

原発:デモ行進22
原発:デモ犬

言葉の力
未来を切り開く。


原発:デモ地球をなんだと・・・・・





こんな国に生まれ、

何も抵抗できずに

放射線障害になってしまうであろう

子どもたちの運命を

放置してもいいのでしょうか。

私たち大人には、

原発を止められなかった責任があります。

対岸の火事ではありません。





★たくさん張られた脱原発テント、
大飯原発ゲート前から響きわたる 
再稼働反対の声!
6月30日、
7月1日の大飯再稼動反対ツアーに参加して
--見聞記
 └────(東京・青山晴江)


 30日13時からの集会(あみーシャン大飯ふれあいホール)は、前日の首相官邸前の15万人とも言われる抗議の熱気が伝わったかのように、予想をはるかに超える西日本各地からの参加者でいっぱい。中嶌哲演さんほか多くの方のお話があった。
 田園風景のなかをデモ。町役場の近く、町の人々の中には手を振ってくれたり笑顔を見せてくれる人も。オフサイトセンターで要望書を提出時の対応のひどさと抗議の様子は、翌朝のNHKニュースや東京新聞にも。おおい町総合公園には脱原発テントがぎっしり張られていた。

 7月1日 早朝6時半高浜の(大飯はすでに作業員さんたちで満員)民宿を出て大飯原発前へ。美しい海と島々。しかし青戸大橋と細くくねる山道は、地震や事故が起きたら逃げ道がないことを実感。
 PR館の傍、原発ゲート付近は前日から若い人たちがたくさん詰めていて、道の両側に車、ゲートの前後には横向きに置いて道路封鎖。徹夜でサウンド抗議集会をしているという。奥からドラムのリズムに乗せて「再稼動反対」が聞こえてくる。装甲車とパトカーが邪魔でバスがなかなか進めない。抗議をしてやっとしぶしぶパトカーが少し動き通れた。

 バスから降りて(バスは私たちの1台きりだ)海風に吹かれながら漁村公園という小さな公園で決起集会、50人程で旗や横断幕を持ちハンドマイクで「再稼動反対」と言いながら坂道を登っていく。ゲート前を守っていた中高年女性たち、三々五々集まった人々、山中で装甲車や警官、警備隊に囲まれながら頑張られていたが、やはり心細くおられたのか、私たちを喜んでくれて、中にはポロポロ涙をこぼし目をぬぐい迎えてくれる人も。こちらも胸を熱くして手を握る。

 ロープをまたぎゲートの端の隙間、山の泥土に足をとられながら、バリケード封鎖の車数台を留めてる丈夫な鎖を超えて、中の解放区へ。若い人が多い。原発へのトンネルが後方の山の斜面に。パーカッションのリズムに乗って「再稼動反対」の声が木霊する。ずぶぬれになりながら若い女性がドラムを叩き続けている。はだしで、毅然としてありったけの勇気で。
 赤ちゃんをおんぶしている年若い母親もはだしで、アスファルトの斜面を流れる雨水の中を冷たそうに歩いていた。聞けば、昨夜ゲート越えのときに警備員に叩かれ、足を蹴られ、そのとき脱げた靴をとられたのだそうだ。背中の赤ちゃんがつぶらな瞳で大人たちを見ている。

 山側を5列ほどになって警官、機動隊がとめている。現地市民団体の再稼動反対の要望書を1時間待たせてPR館の職員が受け取る。福島から来た女性がハンドマイクで訴える。
 「私たちの子供たちに手を出すな、機動隊!あなたたちが守らなくてはならないのは命だ。福島では放射能で毎日人々が苦しんでいる。そんななかでなぜ大飯を稼動するのか。福島の私たちの苦しみを繰り返すのか。機動隊、警官、私たちと共に命を守るほうに力を注げ!あなたたちが仕える権力はあなたたちを守らない!いつの日かあなたのこどもたちが、命を守るほうについたあなたを誇る日が来るだろう。」
 雨はさらにどしゃぶりとなっ降る。腕を組んで立つ私たちの30センチくらい前で若い警官たちが神妙な面持ちで話を聞いていた。

 たくさんのカメラが入っていた。NHK、フジTV、朝日、福井新聞、海外の人…USTREAM岩上ジャーナルがライブで報道し続けてくれたことが心強かった。午後1時過ぎに、さらに残って抗議続けることにした10人の仲間を案じながら、帰途につかねばならなかった。バスの中でネットを見て、パーカッションと
「再稼動反対」の声が聞こえるかぎり、みんなも無事なのだと確認できた。24時に機動隊たちが引き上げ、みんなで感動のひとときを過ごしたと聞いた。
 「経産省副大臣を正面から入れろ」と官邸は各地から機動隊を増員したが、結局裏から船で入った。再稼動されてしまったが、非暴力の抗議で、花を手にしてはだしで立っていた若い母親のひるまぬ姿に勇気と希望をもらった。忘れずに前を向いて進みたい。

たんぽぽ舎より


高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
7月14日(土)
PM4:30~ です。

赤橋下 広場にて



2012年の日程は次の通り、いずれも第2土曜日です。

○7月14日(土)4時半~

○8月11日(土)4時半~

○9月8日(土)4時半~

○10月13日(土)2時~

○11月10日(土)2時~

○12月8日(土)2時~

いっしょに歩きましょう。






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づきましょうよ!!!!




原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん
お友達から使ってよいというのでお借りしてきました。





もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、分かりましょうや!!!?



我々の未来を奪う危険な代物ですって。







全国各地 お近くの原発の廃炉を
要求しましょう。






現存する火力・水力・風力発電で
十分電力はありますからご心配なく。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-05.pdf

そして、
未来への安全で安心な
自然エネルギーへ転換していくことこそが
今生きているものの使命です。

原発廃炉という選択が第一歩です。











ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。





イチロしーまんとへ
スポンサーサイト



Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:57才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり