FC2ブログ

Entries

危険な原発 291:中部電力は日本で一番電気が余っている会社、21メートルの津波に耐えられない防潮堤

【環境 blog です
人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 291:中部電力は日本で一番電気が余っている会社、21メートルの津波に耐えられない防潮堤!!!!!!!!


原発がいかに危険な代物かが
お分かりになられたでしょう!!!!!!!!!?



ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

これで、
四国内は、原発による発電は一切なくなりました。

停電の心配はいりません。
四電も「大丈夫!!」と、言っていますし・・・・・・。

あれだけ、電力量が足らないと脅しまくったくせに。

やつらの頭の中をのぞいてみたいですね。



※稼働30年以上の老朽化原発です。

地震対策がなされていない原発です。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。

原発:デモ行進22
原発:デモ犬

言葉の力
未来を切り開く。


原発:デモ地球をなんだと・・・・・





こんな国に生まれ、

何も抵抗できずに

放射線障害になってしまうであろう

子どもたちの運命を

放置してもいいのでしょうか。

私たち大人には、

原発を止められなかった責任があります。

対岸の火事ではありません。





★中部電力は日本で
一番電気が余っている会社、
21メートルの津波に耐えられない防潮堤
(たんぽぽ舎 
  浜岡応援ツアーの報告 杉嶋拓衛)


 ◇浜ネット総会報告
 4月14日(土)11時から静岡県労政会館で「第16回浜岡原発を考える静岡ネットワーク(以下浜ネット)総会」にたんぽぽ舍一同9名で参加した。ツアーの半数以上が初参加で活発な浜ネットの議論を聞き入っていた。菅首相の政治決断で浜岡3~5号機が運転停止になり、福島第一原発事故後は北海道泊原発3号機のみを残して全機停止している過程とあって、浜岡原発廃炉までの道筋をどう付けていくのかが焦点になった。翌日に控えた御前崎市長選(現職の石原茂雄氏が3選)への言及もあったが、周辺首長が浜岡再稼働に反対を表明するなど、推進側も以前程の結束力がなくなっている。福島事故の影響は大きく、伊豆下田など昔ならあまり浜岡原発と関係が無いと見られていた自治体が風下で放射能雲の直撃を喰らう可能性を重視して反対に回るなど変化が出ている。原発事故が起きる前に気付くべきだと思うが、浜岡全機廃炉に向けてはとても良い兆候だ。午後からの広瀬隆さんの講演会では3時間に及ぶ長時間、浜岡原発の危険性をパワーポイントで詳しく説明していた。福島事故は収束などしていないし、中部電力が1400億円の無駄金を投じる18メートルの防潮堤は津波を防ぐ事が出来ないと指摘。強固な岩盤と言っている相楽岩の脆さは浜岡ツアーに行った者ならボロボロとこぼれる岩肌にゾッとした事だろう。砂丘があるから津波は大丈夫と豪語していた中部電力が何の心境の変化か防潮堤を作り始めたが、浜岡原発の両サイドには川があり津波は防潮堤の横から浜岡原発を襲う事になりそうだ。広瀬さんは中部電力が日本で一番電気が余っている会社という情報を出した。浜岡原発無しで20%も電力が余っている。何で浜岡原発を廃炉にしないんだろうか。交流会では静岡市議の佐野慶子さんがガレキ受け入れ反対を孤軍奮闘する話が印象に残った。たんぽぽ舍も東京と浜ネットを結ぶ力になって次の総会にはまた新しい人を増やして参加したいと思った。

 ◇浜岡原発見学
 もくせい会館に1泊した6名は翌日浜岡原発PR館と防潮堤の工事現場の見学に行った。砂川闘争の土屋源太郎さんと成島忠夫さんがナビを引き受けてくれた。PR館の展望台(62メートル)から原発が5機全部見えた。高台に作るとしているバックアップ電源の場所は見えなかったが、海に向けて防潮堤の基礎工事をしているのは見えた。21メートルの津波が来たらPR館の敷地まで海水は押し寄せるだろう。それより下にある原発は水浸しになる。東海地震の震源域が真下にある原発を再稼働させる人間の頭の中身を見てみたい。その後防潮堤付近まで行き改めて砂丘を見ると、田老の防潮堤を超えていった津波どころか5メートルの津波ですら防げない気がした。原発を推進するためには頭の中の危ないという理性を無くすしか無いのだろう。枝野大臣も大飯原発に行かずに浜岡原発に来て、こんな防潮堤を作って津波が防げるか見てもらいたい。最後は有志で2009年に亡くなった望月彰さん(享年70)の墓がある清水の江浄寺へ行き、原発があと少しで全機停止になると報告した。枝野は全機停止は一瞬とか寝言を言っているが、原発に頼ったエネルギー政策の成れの果てが福島第一事故だった事を猛省してもらいたい。とにかく浜岡ツアーは10回以上行っているが、全機止まっているのは今回が初めてだった。これがずっと続くように反原発運動の力を集めて行きたい。

 ツアーに初めて参加された方も原発の危機管理の甘さ(立地や耐震想定の甘さ)が実感できたと思う。地道に浜岡原発に反対してきた浜ネットの人たちとの交流は東京圏の運動へと活かしていきたい。
有意義な2日間のツアーだった。

たんぽぽ舎より






★枝野経産相による
経産省前テント撤去命令
に対する抗議の嵐を!!!



川ちゃんも抗議しました。


「原発事故の検証も済んでいない、
かつ、事故の収束すら済んでいない今、

わが身の襟も正せないやつに、
まっとうな抗議をする人たちを
排除するなどと言語道断。

盗人猛々しい!!!」

と、抗議の電話を入れました。

経産省 担当:シモコシさんでした。


みなさんもFAX、電話をしてみて下さい。

【経産省】
大臣官房 (TEL)03-3501-1609
広報   (FAX)03-3501-6942

【枝野幸男経産相】
[国会事務所]
(FAX)03-3591-2249 (TEL)03-3508-7448
[地元・大宮事務所]
(FAX)048-648-9125  (TEL)048-648-9124
(E-mail)omiya@edano.gr.jp






もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
5月12日(土)
PM2:00~ です。

赤橋下 広場にて



2012年の日程は次の通り、いずれも第2土曜日です。

○5月12日(土)2時~

○6月9日(土)4時半~

○7月14日(土)4時半~

○8月11日(土)4時半~

○9月8日(土)4時半~

○10月13日(土)2時~

○11月10日(土)2時~

○12月8日(土)2時~

いっしょに歩きましょう。






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づきましょうよ!!!!




原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん
お友達から使ってよいというのでお借りしてきました。





もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、分かりましょうや!!!?



我々の未来を奪う危険な代物ですって。







全国各地 お近くの原発の廃炉を
要求しましょう。






現存する火力・水力・風力発電で
十分電力はありますからご心配なく。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-05.pdf

そして、
未来への安全で安心な
自然エネルギーへ転換していくことこそが
今生きているものの使命です。

原発廃炉という選択が第一歩です。











ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。





イチロしーまんとへ
スポンサーサイト



Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:57才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり