FC2ブログ

Entries

危険な原発 262:がれき焼却処理の危険性と不安・・・・(止めよう!ダイオキシン汚染東日本ネット 佐藤禮子)

【環境 blog です
人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 262:がれき焼却処理の危険性と不安・・・・(止めよう!ダイオキシン汚染東日本ネット 佐藤禮子)!!!!!!


原発がいかに危険な代物かが
お分かりになられたでしょう!!!!!!!!!?



ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

これで、
四国内は、原発による発電は一切なくなりました。

停電の心配はいりません。
四電も「大丈夫!!」と、言っていますし・・・・・・。

あれだけ、電力量が足らないと脅しまくったくせに。

やつらの頭の中をのぞいてみたいですね。



※稼働30年以上の老朽化原発です。

地震対策がなされていない原発です。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。

原発:デモ行進22
原発:デモ犬

言葉の力
未来を切り開く。


原発:デモ地球をなんだと・・・・・





こんな国に生まれ、

何も抵抗できずに

放射線障害になってしまうであろう

子どもたちの運命を

放置してもいいのでしょうか。

私たち大人には、

原発を止められなかった責任があります。

対岸の火事ではありません。





★がれき焼却処理の危険性と不安
(止めよう!ダイオキシン汚染 
東日本ネット 佐藤禮子)


 ここに来て がれきの焼却処理を全国的に協力するよう政府は躍起になっている。
 現地に行けず、インターネット情報に乏しい市民にはテレビ画面からの情報が全てという世代も大勢いる。がれきが目の前からなくなれば、いかにも復興が進んだように見えるし、被害者の片づけて欲しい気持ちも理解できる。全国民が痛み分けをするのが人情で、内心危険だと思いつつも 反対をしたら地域のお偉方男性から睨まれるのではと口をつぐんでいる女性が周囲に大勢いるのも現実である。

 「黙っている事は賛成したことになるのよ」と国策の戦争に非国民と言われることを恐れて協力した先輩に厳しく教育された私は、戦後ようやく男女共同参画の建前で市民権を獲得し、いま中堅を担っている世代を高度経済成長に浮かれつつ育てて来た。その結果が今回の想定外の事態の社会を生み出してしまったのだ。だからこそ、この先の世代に対し我々は、一億総ざんげの上、初体験の放射性廃棄物の焼却で、また想定外の被害を残してはならない。

 遠くから がれき運び、全国民の十分の一が暮らす東京はじめ、全国各地の産廃炉も含む焼却炉から 微量とはいえ放射性物質を広く、薄く、大気、土壌
 水に拡散放出した結果、最後は全国民の日々の食品汚染が問題になるという取り返しのつかない事態が心配なのだ。限られた測定物質の焼却結果の数値から微量とは有害物質は既に出ている。出し続けたらもとに戻らない。不安は拭えない。「安全性に問題ない、安心です」と誰が言えるのか。雇用や住宅など最優先課題は他に有るのではないか。がれきの処理は慎重に叡智を結集する必要性を痛感する。

 時間と共に次世代を含む全国民の内部を被爆し、免疫力が下がり、体力、気力、思考能力にまで影響したら・・。25年経過したチェルノブイリの情報からも予想が出来るが、予防原則にしか希望を託せない。
 現在の放射性廃棄物焼却の一連の動きには、民主的合意の手続きもないままトップダウンの政治の横暴、その背後には、がれき焼却に纏わるハイエナ集団の動きが見え隠れしている。
 科学・技術で抑え込むことには限界がある。火を扱う能力を獲得した人類(man)は自然界に対しての責任を自覚し、傲慢に振る舞う事は自らの幸せの足もとを危うくすることだ と気付いてほしい。
 若いお母さんたちの悲痛な叫び、日々の不安を前に老女は一文を書いた。










★枝野経産相による
経産省前テント撤去命令
に対する抗議の嵐を!!!



川ちゃんも抗議しました。


「原発事故の検証も済んでいない、
かつ、事故の収束すら済んでいない今、

わが身の襟も正せないやつに、
まっとうな抗議をする人たちを
排除するなどと言語道断。

盗人猛々しい!!!」

と、抗議の電話を入れました。

経産省 担当:シモコシさんでした。


みなさんもFAX、電話をしてみて下さい。

【経産省】
大臣官房 (TEL)03-3501-1609
広報   (FAX)03-3501-6942

【枝野幸男経産相】
[国会事務所]
(FAX)03-3591-2249 (TEL)03-3508-7448
[地元・大宮事務所]
(FAX)048-648-9125  (TEL)048-648-9124
(E-mail)omiya@edano.gr.jp






もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
4月14日(土)
PM1:30~ です。

赤橋下 広場にて







伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づきましょうよ!!!!




原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん
お友達から使ってよいというのでお借りしてきました。





もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、
もぉーーーいい加減、分かりましょうや!!!?



我々の未来を奪う危険な代物ですって。







全国各地 お近くの原発の廃炉を
要求しましょう。






現存する火力・水力・風力発電で
十分電力はありますからご心配なく。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-05.pdf

そして、
未来への安全で安心な
自然エネルギーへ転換していくことこそが
今生きているものの使命です。

原発廃炉という選択が第一歩です。











ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。
人気ランキング
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。





イチロしーまんとへ
スポンサーサイト



Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:57才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり