FC2ブログ

Entries

いきき石けん:廃油石けん作り(十川中学校/総合学習)~前編

【環境 blog です
人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

いきき石けん:廃油石けん作り(十川中学校/総合学習)~前編!!!


昨日は、高知県四万十町十和(川ちゃん地元)の
十川中学校にて、10名の生徒と廃油石けん作りでした。

■ 5校時と6校時の2時間をもらっての授業です。


川ちゃん世代は、加山雄三さんの「高校教師」やら、

中村雅俊さんの「夕陽ヶ丘の総理大臣」やら、

「われら青春」などなど、学園ものがやたらあって、

教師に憧れた青春でした。

だから、教壇に立つことが、
うれしくって うれしくって。


丸1日もらって、教鞭を執りたいくらいです。




川ちゃん愛車 『しーまうんと号』 の荷台に材料等を詰め込んで。

いざ青春時代へタイムスリップ。

いきき石けん 廃油石けん作り(十川中学校)1



■ 5校時は、座学です。


いきき石けん 廃油石けん作り(十川中学校)2


■ 起立、礼。

いきき石けん 廃油石けん作り(十川中学校)3


■ 『石けんから見る地球環境』 をテーマに。

合成洗剤による身体への・環境への悪影響を

収録したビデオを見てもらい、

プチ環境説法を聞いてもらいました。


四万十川の現状は、地球の現状なんです。

つまり、地球規模で、

チェルノブイリ事故で放射能を垂れ流そうが、

日本に大豆を輸出しようと

アマゾンの大原生林を伐採・開拓しようが、

戦争での大規模環境破壊をやらかそうが、

なんとか地球は青さを保っています。

同じく四万十でも、

合成洗剤を垂れ流そうが、

農薬・化学肥料を垂れ流そうが、

山をほかりっぱなしにしようが、

なんとか、なんとか、なんとか四万十川も青さを保っています。

四万十川が魚の棲めない川になった時は、

地球も終わりだってことです。


四万十川は、

世間で言われているほどキレイではありません。


まず、この事実を理解して、

『清流』 という肩書を返上することから始めましょう。

(川ちゃんは、とっくの昔に返上済みです。
 改めて頂くために、今の活動があります)

いきき石けん 廃油石けん作り(十川中学校)7


■ 本来は、2時間コースなんですが、

50分でのショートプログラムでしたから、

多少不完全燃焼です。

いきき石けん 廃油石けん作り(十川中学校)4


■ 今回は、

まず、気付いてもらうことを重点に置きました。

いきき石けん 廃油石けん作り(十川中学校)5


■ 気づいて、

→ 学習して → 考えて → 行動する。

いきき石けん 廃油石けん作り(十川中学校)6


■ 都会の背中を、

田舎の人は追いかけているだけでした。

環境の大切さに気づき、田舎の良さに気づいた都会の人は、

行ったっきりの考え方から、戻ってこようとしています。

今、我々が気付いて考えて行動すれば、

180度振り向きさえすれば、

トップランナーです。

今度は、田舎もんの背中を都会人が追いかけてきます。

いきき石けん 廃油石けん作り(十川中学校)6a

『田舎もん』 と言われることは、光栄です。

褒め言葉と捉えています。

『田舎もん』 とは、

田舎に住むことを

自信と誇りを持って生きている人。





■ 一度、全員都会に出て行ってください。

と、お願いしました。

都会から(外から)、十和を見てもらって、

十和の良さに気づいて帰って来てほしいのです。

外に出たことのない田舎の多くの人は、

常に都会に憧れ、都会ばかりを見ています。

都会のやっていることの真似ることを良しとする傾向があります。




君たちが、

本物の田舎もんになって、

未来へ引っ張っていってください。





■ 最後に、

『リオでの伝説のスピーチ』 の一部を読んで、5校時終了です。





いきき石けん 廃油石けん作り(十川中学校)9

生徒さんが自主的に廃油を持ってきてくれました。


※ 6校時は、石けん作り実施です。

後編にて。









廃油を有用物と考えることは、

個人のちょっとした意欲で出来ることです。











ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。
人気ランキング
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。




『日本全国 はしからはしまでMyはしクラブ』

ズームイン ★西尾アナ
西尾由佳理さん=マイ箸・・・・・Myはし首からぶら下げ1 ミニサイズ
日テレの西尾由佳理アナウンサー in 道の駅「四万十とおわ」
日テレの朝の番組・ズームインSUPERが四万十を訪れました。
看板アナウンサーの西尾由佳理さんが、
第1回全国?My箸コンテストで大賞をもらった、川ちゃん作
(高知県がメインでしたが。笑)
『四万十川流木 首からぶら下げタイプMyはし』を、
首にかけて紹介していただきました。







       電話を持ち歩く前に、

  まずマイ箸を携帯しよう!!






Myはしクラブ部員 現在 96名/40.010名

Myはしクラブ 入部求む
右上の☆カレンダー下☆E:メールにてご連絡ください
 → 入部届を添付してお送りします。

お手製マイバック・おもろいマイバッグ Photo求む
右上の☆カレンダー下☆E:メールにてご連絡ください
 → 折り返し川ちゃんメアドをお送りします。




【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。
人気ランキング
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。




イチロしーまんとへ
スポンサーサイト



Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:57才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり