FC2ブログ

Entries

鮎・しゃくり漁【番外編】 アユチョビ

【環境 blog です
人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

鮎・しゃくり漁【番外編】 アユチョビ!!??


今年のアユ漁も間もなく終わりを告げます。

鮎の食べ方として、

塩焼き・開き・甘露煮・酢のもの・フライ・天ぷら・すし等、

色々あれど、

鮎をアンチョビ風にした人はいないでしょう!!??


その名も、 『アユチョビ !!』


一般的なアンチョビは、イワシやキビナゴで作ります。

そこは、四万十。

川ちゃんは考えました。

徹底的に、アユにこだわりましょう。

「鯉のぼり」ではなく、『鮎のぼり』

屋号の看板も、『鮎』

鮎・しゃくり漁 本日の釣果(6/7)1


獲ったアユを生きたまま氷でしめて持ち帰ります。

色も  香りも  味も

変わりません。




【アユチョビ】 レシピ


頭を落として、三枚におろします。

鮎しゃくり漁 アユチョビ1


一口大にカットします。

鮎しゃくり漁 アユチョビ2


密閉容器に入れます。

鮎しゃくり漁 アユチョビ3


たっぷりの塩漬けにします。

鮎しゃくり漁 アユチョビ4


冷蔵庫で3日。

アンチョビは、1か月くらい塩漬けするそうですが、
鮎は、香りがなくなりそうなので短めに。

鮎しゃくり漁 アユチョビ5


軽く、塩抜きします。

鮎しゃくり漁 アユチョビ6


オリーブオイルとビンを用意。

鮎しゃくり漁 アユチョビ7


ビンに詰めて、
生臭みを取るために月桂樹の葉を1枚。


鮎の香りとのさじ加減が・・・・・。

鮎しゃくり漁 アユチョビ8


あとは、オリーブオイルで漬けこみます。

鮎しゃくり漁 アユチョビ9


完成です。

鮎しゃくり漁 アユチョビ10


1週間もすれば、食べられるんじゃないかな!?







環境に正しいアユ漁は、

食卓にのぼる前から美味い。


四万十の谷(支流)の風景。

清らかな水で泳ぐアユと、

しゃくり竿一本でのガチンコ勝負。

獲ったアユをさばいて、干して、

炭をおこして、焼いて食べる。

そのほか、あれやこれやと考えて食べる。

この一連の流れが四万十の夜を豊かにしてくれる。






だから、

ひとりでも四万十川再生に取り組みます。











四万十近況報告

『四万十カッパ組合』の事務所に、
「色素なしの川エビ」がおります。

Myはし作り体験(芝幸太郎さん一派)こ
※高知県高岡郡四万十町十和川口 道の駅「四万十とおわ」敷地内

生き物 川エビ(色素なし)
※川エビ=テナガエビ










ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。
人気ランキング
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。





『日本全国 はしからはしまでMyはしクラブ』

ズームイン ★西尾アナ
西尾由佳理さん=マイ箸・・・・・Myはし首からぶら下げ1 ミニサイズ
日テレの西尾由佳理アナウンサー in 道の駅「四万十とおわ」
日テレの朝の番組・ズームインSUPERが四万十を訪れました。
看板アナウンサーの西尾由佳理さんが、
第1回全国?My箸コンテストで大賞をもらった、川ちゃん作
(高知県がメインでしたが。笑)
『四万十川流木 首からぶら下げタイプMyはし』を、
首にかけて紹介していただきました。







       電話を持ち歩く前に、

  まずマイ箸を携帯しよう!!






Myはしクラブ部員 現在 88名/40.010名

Myはしクラブ 入部求む
右上の☆カレンダー下☆E:メールにてご連絡ください
 → 入部届を添付してお送りします。

お手製マイバック・おもろいマイバッグ Photo求む
右上の☆カレンダー下☆E:メールにてご連絡ください
 → 折り返し川ちゃんメアドをお送りします。




【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。
人気ランキング
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。




イチロしーまんとへ
スポンサーサイト



Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:57才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり