FC2ブログ

Entries

環境に正しい 沈下橋(落ちた橋)

【環境 blog です
人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。
 

環境に正しい橋:沈下橋(落ちた橋)!!!


【沈下橋】
水面近くにあって、欄干がなく、車が一台通れるだけの幅で、
大水の時は川の中に沈むように作られた橋。

『大水の沈下橋』 ← ご覧ください。

この自然に同化するように作られた沈下橋が四万十川には、
少しずつデザインを変えて架かっています。

古くは対岸に渡るための手段は舟でした。

舟に代わって姿を現した橋。

大水のたびに流されないよう設計された橋。

大水の時に水中に沈んでしまう橋。

“沈んでしまう”というより

“沈めてしまう”という言い方が正解かもしれません。

「自然界の掟に逆らわない」

まさに、環境に正しい橋


ただひたすら水の中で大水が過ぎる時を待つ。

舟がなく、この橋がなかったら対岸へ渡るすべをなくしたものへ

『今日はゆっくり骨休めでもしてな!』

と、ささやいているような。

これが自然と同化したものの優しさなのでしょうか。

そして、それらを受け入れている自然界の懐の広さでしょうか。


この懐の広さに対して、

「自然に優しい」 

「地球を守ろう」


などと、上から目線でものを言う。


なんと人類の愚かなこと。



生活の一部となった橋が、

流されないはずの橋が、

先日の大雨で一部分が流されてしまいました。

高知県四万十市西土佐に架かる沈下橋。
【長生/ナガオイの沈下橋】



流される前の写真です。

環境に正しい 沈下橋(落ちた橋)b

環境に正しい 沈下橋(長生)落ちた橋1

環境に正しい 沈下橋(長生)落ちた橋2

環境に正しい 沈下橋(長生)落ちた橋3


くしくも、

『~四万十をなめたら、いかんぜよ~』

とあります。

流された後の写真です。

環境に正しい 沈下橋(長生)落ちた橋5

環境に正しい 沈下橋(長生)落ちた橋6

環境に正しい 沈下橋(長生)落ちた橋7



傍若無人な人類に対する、

自然界の怒りでしょうか!?


地球の一部であることを自覚し、

ただ謙虚に、

環境に正しく生きてまいりましょう。









清流があればこそ、

沈下橋が美しく映える。







ひとりでも、四万十川再生に取り組みます。










ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。
人気ランキング
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。






『日本全国 はしからはしまでMyはしクラブ』

ズームイン ★西尾アナ
西尾由佳理さん=マイ箸
日テレの西尾由佳理アナウンサー in 道の駅「四万十とおわ」
日テレの朝の番組・ズームインSUPERが四万十を訪れました。
看板アナウンサーの西尾由佳理さんが、
第1回全国?My箸コンテストで大賞をもらった、川ちゃん作
(高知県がメインでしたが。笑)
『四万十川流木 首からぶら下げタイプMyはし』を、
首にかけて紹介していただきました。






       電話を持ち歩く前に、

  まずマイ箸を携帯しよう!!






Myはしクラブ部員 現在 85名/40.010名

Myはしクラブ 入部求む
右上の☆カレンダー下☆E:メールにてご連絡ください
 → 入部届を添付してお送りします。

お手製マイバック・おもろいマイバッグ Photo求む
右上の☆カレンダー下☆E:メールにてご連絡ください
 → 折り返し川ちゃんメアドをお送りします。




【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。
人気ランキング
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。







イチロしーまんとへ
スポンサーサイト



Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:57才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり