Latest Entries

MOX燃料の危険性はウラン燃料より格段に高い

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2255:重大事故の確率が高い
「核のごみ」の行き場はない!!!!!



もう、後悔したくないんです!!!!!!!





「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん


◆原発:デモ犬




◆MOX燃料の危険性はウラン燃料より格段に高い
重大事故の確率が高い
「核のごみ」の行き場はない
 └──── 若狭の原発を考える会
 

 既存原発のプルサーマル化では、元々ウラン燃料を前提とした軽水炉のウラン燃料の一部をMOX燃料で置き換えて運転するので、技術的な課題が多い(全MOX炉も制御困難)。
 なお、原子力規制委員会の新規制基準適合審査における重大事故対策の有効性評価の解析対象は、ウラン炉心のみであり、MOX炉心については何ら評価されていない。過酷事故を起こしたときには、猛毒のプルトニウムや超プルトニウム元素が飛散して、深刻な内部被ばくを起こす危険性も格段に高い。

◎重大事故の確率が高い

・燃料被覆管が破損しやすい。例えば、プルトニウムの核分裂では、酸素と結合し難い白金族元素が生成し易いので、プルトニウム酸化物中でプルトニウムと結合していた酸素が遊離するが、遊離した酸素が被覆管を腐食する。
 また、プルトニウムはヘリウムの原子核であるα粒子を放出(α崩壊)し易く、放出されたα粒子はヘリウムガスになるので、燃料棒内の圧力が高くなり、被覆管を破損させる可能性がある。

・MOX燃料の融点は、ウラン燃料の融点より高いが、MOX燃料の熱伝導率は低く、電気抵抗率が高いので、燃料温度が高くなり、溶けやすくなる。

・当初はMOX燃料中のウラン、プルトニウムを均質に混合していても、核分裂によって高温になった燃料中では、不均質化(プルトニウムスポットの生成)が起こりやすい。そのため、燃料の健全性が失われる。

・ウラン燃料と比べて、MOX燃料では燃焼中に核燃料の高次化(ウランより重い元素が生成する)が進み易い。とくに、中性子吸収断面積の大きい(中性子を吸収しやすい)アメリシウム等が生成され易くなる。
 そのため、高次化が進んだ燃料を含む原子炉では、運転や停止を行う制御棒やホウ酸の効きが低下する。
 さらに高次化が進むと、核分裂反応が阻害され、臨界に達しなくなり、核燃料として使用できなくなる。
 事故が発生した場合には、従来の軽水炉よりプルトニウム、アメリシウム、キュリウムなどの超ウラン元素の放出量が多い。これらは、吸入したとき、深刻な内部被曝を与えるα粒子を放出する。

・MOX燃料は、中性子束(中性子の密度)が大きいため、高出力である。したがって、MOX燃料装荷によって運転の過渡時(出力の増減時)に炉の制御性が悪くなる。(1/3程度しかMOXを装荷できない。)
・一部の燃料棒のみをMOX燃料と入れ替えると、発熱量にムラが生じる。温度の不均衡が進行すると、高温部の燃料棒が破損しやすくなる。(中略)

◎MOX燃料製造で発生した
 高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の行き場はない

 フランスでのMOX燃料の製造過程では、高放射線量の核のごみが発生する。この核のごみは、国内に返還されることになっているが、その最終処分地は決まっていない。
 政府は、処分場になり得る地域を示した「科学的特性マップ」を、選んだ科学的な根拠も示さずに7月28日に公表したが、核のごみの保管を歓迎する場所はない。

◎なぜプルサーマル発電を進めようとするのか

 日本は、核兵器の材料となるプルトニウムを利用目的なく持たないことを国際公約しているが、高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉が決定した現在、プルトニウムの利用手段を高速炉とすることはできない。
 そこで、政府や電力会社は、プルトニウムをプルサーマル発電で消費するとしている。
 一方で、政府は、プルトニウム保有量をさらに増加させる再処理工場の稼働を策動している(実際にはこの危険極まりない再処理工場の稼働は、至難である)。
 このことから、政府は、全国の原発のプルサーマル化を狙っているとしか考えられない。原発の危険性は、どんどん増加していく。
(9/14日「若狭の原発を考える会」発行 金曜行動チラシより抜粋)

※「MOX燃料」  日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
  混合酸化物燃料(Mixed Oxide Fuel)の略称。
  二酸化ウラン(UO2)と二酸化プルトニウム(PuO2)の混合酸化物よりなる核燃料である。

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
10月14日です。


◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

老朽、被災の東海第二原発再稼働許さない

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2254:核武装直結施設「常陽」再稼働にも反対しよう!(上)(2回連載)!!!!!



もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

そして、
4年7ケ月で再稼働(発送電)をさせちゃいました。

自分の無力さを感じます。

なんてやつらだ!!!
やつらの頭の中をのぞいてみたい。


「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・



◆老朽、被災の東海第二原発再稼働許さない
核武装直結施設「常陽」再稼働にも反対しよう!(上)(2回連載)
 └──── 渡辺寿子 (原発いらない!ちば)
 

1.原電老朽原発運転延長画策

 日本原子力発電(原電)は首都圏に最も近い原発・東海第二を再稼働させようとしています。
 原電は4基の原発を所有していますが、東海第一(日本で最初に営業運転した)、敦賀一号は廃炉作業中で、敦賀二号も建屋下に活断層が走っている可能性が指摘され、再稼働は見通せません。そこで原電は東海第二原発を再稼働させようとしていて、すでに2014年5月に新規制基準適合性審査を規制委に申請しました。
 しかし東海第二も来年11月には運転期間40年を迎える老朽原発です。原発の運転期間は原則40年となっているので、たとえ再稼働が認められてもこのままではほんのわずかしか稼働できません。そこで原電は特例である20年延長申請を目論んでいます。延長を別にしても新規制基準を満たすには追加の安全対策工事が必要です。

2.電力供給ゼロでも高収入

 原電は国策の下日本に原発を導入するために既存の電力会社が出資して設立した、原発で作った電気を東電や関電に卸す会社です。
 3.11後、原電は原発の電気は作れず、電気の供給はゼロです。
 しかし電力各社との契約で原電の原発の維持管理などの名目の基本料金は原電に支払われていて、原発が止まった2011年以後も毎年1千億円以上支払われています。
 原電を維持するためのこの費用は各電力の基本料金に含まれ、利用者が負担しています。ちなみに原電の取締役の平均年収は3千万円だそうです。いかに原子力ムラの住民が甘い汁を吸っているか、だから原発推進が止められないのかわかります。

3.東電が原電の経営支援!?

 東海第二原発の再稼働には2千億円以上の莫大な費用が必要になります。
 原電の2017年3月期決算は電力各社からの収入があっても64億円の損失です。原電が莫大な再稼働費用を捻出するのは大変です。
 そこで東電などが金融機関からの借金を保障して、原電の経営支援を行う案が浮上しているといいます。
 東電は、福島第一原発の廃炉や賠償費用を払いきれず、東電の破たんを防ぐために「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」が設立されました。この機構経由で厖大な税金や各電力会社の負担金が東電が注ぎ込まれています。

 さらに電気事業法施行令を改悪して、東電が支払うべき原発被害者への賠償を託送料金に乗せて、広く消費者から徴収しようとしています。莫大な税金投入など民間会社として異例な手厚い救済策のお蔭で東電は破綻を免れ、利益まで出しているのです。
 そのような東電が危険な老朽原発東海第二を再稼働しようとしている原電を支援することなど許されません。
 そんな余裕があるなら自主避難者への住宅手当や被害者への賠償、支援に真っ先に充てるべきです。あれだけの重大、悲惨な事故の責任を東電は全く感じていないのでしょう。

4.全国から参加 東海第二原発包囲行動

 東海第二再稼働の審査が大詰めを迎え、また茨城県知事選を翌日に控えた8月26日、なんとしても再稼働阻止を訴えなければと「原発いらない茨城アクション」主催で「東海第二20年運転延長を許すな!人間の鎖」が行われました。
 「原発現地に行く会」ではこの行動の参加者を募集。川内、伊方、大飯、泊などの原発現地からも駆けつけ、94人がバス2台で参加しました。

 東海第二原発包囲人間の鎖行動の前に阿漕ヶ浦で集会が行われ、茨城アクション、現地住民代表、福島から黒田節子さん、前東海村村長村上達也さん、鎌田慧さんなどがスピーチ。参加者1100人は第二原発に向かって再稼働反対のシュプレヒコールを挙げました。

 脱原発ネット茨城の小川仙月さんは東海第二の危険性の大きなものとして可燃性ケーブルが使われていることを挙げています。火災が起きた時、命綱となる二系統の冷却用電源が「同時にダウンする」可能性があるとしています。
 新規制基準では可燃性ケーブルの使用は×とされていますがケーブルの全長は原発一基で1000~2000kmで、すべて難燃性に交換するのは至難とのこと。仮にできるとしても莫大な費用がかかり、とても実現できるとは思えない。つまりこの一事だけでも東海第二原発に再稼働の資格なしと断じています。
  (下)に続く  (原発いらない!ちば9月号より許可を得て転載)

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
10月14日です。


◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

商工業者が求める復興策-浪江町商工会の場合

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2253:10/1第8回講座「支援から支縁へ」!!!!!



もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。



原発は、廃炉です。




原発:絵ブーゲンビリアさん


◆10/1第8回講座「支援から支縁へ」
「商工業者が求める復興策-浪江町商工会の場合」
 

 講 師:原田雄一さん(福島県浪江町商工会会長)
 日 時:10月1日(日)14時開会(13時半開場)
 ところ:中野区立商工会館3階大会議室
 主 催:『3・11以後を生きるヒント』編集委員会
 問い合わせ:090-3523-3274(三好)
 会場費:500円

 浪江町は今年3月31日に帰還困難区域を除く区域が避難指示解除となりました。
 しかし、震災時、2万1434人あった人口は全くと言っていいほど元に戻らず、解除から3カ月経った今も(6月現在)帰還者は1%に過ぎません。
 同町の商工業者の皆さんは完全に商圏を失ったまま、転業もままならず休業・廃業に追い込まれるケースは6割に達しています。
 その原因として、災害復興の施策が住宅保障に偏りがちで、日々の暮らしを支える重要な基盤の一つである商工業への賠償・支援が不十分なことが挙げられます。
 浪江町で親子三代(原田さんは三代目)、時計店を経営されていた原田さんに3・11からこれまでの軌跡と現在の商工業者の皆さんと抱える問題についてお話を伺います。

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
10月14日です。


◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。





ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

寒冷化の予兆と重なる-豪雨や今夏の空模様

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2252:近年太陽活動が低下している-100年に1度という減衰ぶり!!!!!



もう、後悔したくないんです!!!!!!!




↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・





 

近年太陽活動が低下している-100年に1度という減衰ぶり
  寒冷化の予兆と重なる-豪雨や今夏の空模様
  気象研究者の根本順吉さん『冷えていく地球』本

            長辻象平(産経新聞論説委員)

  前半部分省略

★寒冷化の予兆と重なる

 今夏は日本列島の東と西で両極端の天気となった。8月の北日本と東日本で低温の日々が続いたのに対し、西日本では連日の暑さに圧倒された。
 また、北日本と東日本の太平洋側の日照時間は、平年の40%前後にまで落ち込み、東京都心では21日連続の雨となった。江戸時代なら冷害と飢饉(ききん)に結びつく天候だ。

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、ほとんど注意を払っていないが、近年、太陽活動が低下している。それも100年に1度という減衰ぶりだ。歴史上、太陽活動が衰えた時期は、小氷期となっている。
 太陽物理学者の間からは注意を喚起する声が上がっているものの、パリ協定を前にその声は届かない。
 CO2に目を奪われがちだが、地球が温暖化した20世紀後半は、太陽活動が非常に盛んな時期でもあったのだ。

 気象研究者の根本順吉さんは『冷えていく地球』(1974年)という本で、寒冷化に向かう際の異常気象として最初に出現するのは、温度低下ではなく、雨の降り方の異常化だと述べている。
 また別のところでは、太陽黒点の極小時には、北日本での低温と西日本での干魃(かんばつ)が共存する天候になるとも書いている。山を崩す近年の豪雨や今夏の空模様が不気味に符合しているではないか。
 米国のパリ協定への距離感は意外にも最適解かもしれない。
 気候変動は一筋縄では手に負えない問題なのだ。
 乱気流に揉(も)まれた帰路の機内でそう考えた。
             (8月27日産経新聞より抜粋)

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
10月14日です。


◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

9/30東海村JCO臨界事故を忘れない!18年目の追悼と抗議

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2251:そしてこれも高速炉「常陽」の燃料か?
6月6日発生…大洗のPu被ばく事故!!!!!!



もう、後悔したくないんです!!!!!!!


 「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ犬



◆9/30東海村JCO臨界事故を忘れない!18年目の追悼と抗議
そしてこれも高速炉「常陽」の燃料か?
6月6日発生…大洗のPu被ばく事故!
日本原子力研究開発機構(旧動燃も含む)の追及も!
9月30日(土)朝10時から11時、経産省別館前へぜひご参加を!
 └──── 坂東喜久惠 (たんぽぽ舎)
 

◎ 1999年9月30日午前10時35分ごろ、茨城県東海村にある「核燃料加工施設=JCO東海事業所」で臨界事故が発生しました。
 高速炉「常陽」に使用する濃度の高い《原発の4~5倍の濃度》ウラン燃料を混ぜているときでした。裸の原子炉が出現したのです。

◎ 20時間続いた臨界事故で作業に当たっていた3名のうち2名が大量の中性子線等をあびて死亡、また、東海村の住民の方をはじめとする多くの人が被ばくし2名を含め432名が被ばく(2009年「原子力安全白書」)。
 しかし、実際はもっと多いはず。当時667名が被ばくしたと報道されていました。
 政府と原子力ムラは、この事故をきちんと検証せず、この事故を作業員のミスとして、労働者に責任を負わせ、被曝に対する対策もおざなりにして、原子力推進政策を強引に続けました。

◎ このことが、2011年、東京電力福島第一原発が大事故を起こしたとき、必要以上に住民や生きとし生けるものたちを過酷な状態に追い込みました。
 また、今年6月6日には、大洗にある日本原子力研究開発機構の研究開発センターで作業員5人がプルトニウム等で被曝する事故が発生しました。
 これも「常陽」の実験用(燃料)の材料だった物の廃棄物とみられています。そして、この事故の検証も被ばくした方々の状況も、きちんとしていません。これも作業者の責任にして収束を図りかねない懸念があります。しっかり追及してい
くことが必要です。
 東京電力福島第一原発事故の収束も、汚染水対策もまるでできていないまま、休止している原発を強引に次々再稼働しようとする政府の方針は許せません。

※2000年の1周忌から17年間、9月30日に追悼と抗議をしてきました。
 今年は18年目に当たります。
 「原発を止める!」「JCO臨界事故を風化させない!」
 ☆朝の集会です。ぜひご参加ください。

 日 時:2017年9月30日(土)10:00~11:00
場 所:経済産業省別館前(飯野ビル側:経産省前テントの反対側)
 内 容:経過説明 抗議行動、アピール
     黙祷(事故発生の10:35より)
     献花-白菊の花を用意しています。
     (実費200円の負担をお願いします) 
 ※喪章等をお持ちください。

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
10月14日です。


◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。





ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:56才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり