Latest Entries

【茨城】震災6年 汚染土壌いまだ行き場なし 焼却計画に悩む東海村

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2191:【茨城】震災6年 汚染土壌いまだ行き場なし 焼却計画に悩む東海村!!!!!



もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

そして、
4年7ケ月で再稼働(発送電)をさせちゃいました。

自分の無力さを感じます。

なんてやつらだ!!!
やつらの頭の中をのぞいてみたい。


「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




プルサーマル発電ですよ。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・





◆【茨城】震災6年 汚染土壌いまだ行き場なし 焼却計画に悩む東海村
 

 東京電力福島第一原発事故の除染で発生した土壌や落ち葉など、放射性物質で汚染された廃棄物の処分に東海村が頭を痛めている。一時保管場所の近隣住民からは「早く撤去してほしい」という要望が上がるが、自前の焼却施設がないため処分できず、今も県内で最も多い除染廃棄物を抱え込んでいる。六カ所ある保管場所の1つは、2019年に開催される茨城国体のホッケー会場に隣接しており、早急な対応が求められている。(山下葉月) (中略)
 国道245号沿いにある阿漕ケ浦(あこぎがうら)公園では現在、国体に向け、ホッケー場の改修工事が急ピッチで進んでいる。汚染された土壌や廃棄物の保管場所は会場の北側に隣接し、黒いフレコンバッグがぎっしり並べられ、その上を遮水シートで覆っている。
 原発事故後、村は独自の基準で、公園や工業団地など村内6カ所を除染、汚染土壌約4500立方メートル、廃棄物約2500立方メートルを現地で一時保管している。
  (後略) (7月11日東京新聞より抜粋)
 詳しくはこちらを
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201707/CK2017071102000167.html

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
8月12日です。


◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
9月9日です。
10月14日です。
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

原子力規制委員会田中委員長の妄言

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2190:「ミサイル、原発より東京に落とした方が」!!!!!



もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

そして、
4年7ケ月で再稼働(発送電)をさせちゃいました。

自分の無力さを感じます。

なんてやつらだ!!!
やつらの頭の中をのぞいてみたい。


「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




プルサーマル発電ですよ。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・





◆「ミサイル、原発より東京に落とした方が」
原子力規制委員会田中委員長の妄言
 └──── 荒木福則 (神奈川県横浜市在住)
 

 7月6日、原子力規制委員会の田中委員長は福井高浜町の住民に北朝鮮のミサイル攻撃の対策について聞かれ、「原発を狙うより東京都のど真ん中に落とした方がよっぽどいいんじゃないか」と述べた。
 何が問題なのだろうか。
 「飛行機墜落事故や交通死亡事故があるのに飛行機や車は無くならない。同じように原発もなくさなくてよい。」と原発を容認する論者が、よく言うが、田中発言にはこれと同じ論理が根にある。これらの被害の確率や量が原発より多いことを彼らは言い募る。

 しかし、事故や被害の性格は、これらの事故と原発事故ははっきり違う。これらは当たった現在の人を傷め殺すが、原発事故は放射能で予知させずじわりじわりと人を傷め殺し、生き地獄にもする。
 そして決定的な違いは、子孫をも同じ目に合わし更に子孫の土地や自然を喪失させることである。
 想定外と片付けられないのだ。
 確率や量の大きさは無関連で、比べられないのだ。
 田中委員長はこの「比較不能性」を「不適切」にすりかえ撤回することで、原発の危険をはぐらかし対策していないことを合理化した。
 一番の問題は、それにメディアを始め国民が、なんとなく納得してしまっていることである。

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
8月12日です。


◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
9月9日です。
10月14日です。
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

核武装の野望

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2189:自民党政権に核保有の野望があるからこそ 核再処理工場稼働にこだわり、核兵器禁止条約を拒否する!!!!!



もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

そして、
4年7ケ月で再稼働(発送電)をさせちゃいました。

自分の無力さを感じます。

なんてやつらだ!!!
やつらの頭の中をのぞいてみたい。


「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




プルサーマル発電ですよ。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・





◆核武装の野望
自民党政権に核保有の野望があるからこそ
核再処理工場稼働にこだわり、核兵器禁止条約を拒否する

鎌田 慧(ルポライター)
 

 「ヒバクシャの受け入れ難い苦しみと損害に留意する」と前文で強調された「核兵器禁止条約」が、国連加盟国の3分の2に近い122カ国の賛成を得て採択された。
 核兵器は、これまでにすでに禁止条約として発効している対人地雷やクラスター爆弾よりも、さらに残虐かつ非人道的な兵器であることは、わたしたち日本人がもっともよく知るところである。
 ところが、日本政府が核保有国・米国などとともにこの条約に参加せず交渉の冒頭に会場から退席している。ヒロシマ、ナガサキ20万人のヒバクシャの苦しみを足蹴(あしげ)にする政府とはなにか。
 「核兵器国と非核兵器国との橋渡しをしたい」というコウモリ的な言い訳は、非保有国の願いを裏切る行為である。その一方で北朝鮮の脅威をあおって、米国の「悪魔的な」核兵器を支持する。
 なぜか。1954年、米国視察から帰国した中曽根康弘議員などが、「原子兵器の理解とそれを使用する能力を持つために」原子力予算を可決させたのはよく知られている。
 平和利用をうたって成立させた原子力基本法に2012年6月、「わが国の安全保障に資する」を挿入させた。自民党政権に核保有の野望があるからこそ、14兆円もの赤字を無視して核再処理工場稼働にこだわり、核兵器禁止条約を拒否する。北朝鮮を批判できるのか。
 (7月11日東京新聞朝刊27面「本音のコラム」より)


たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
8月12日です。


◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
9月9日です。
10月14日です。
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

東京五輪野球ソフト会場の隣に 放射能汚染ゴミの山

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2188:仮置き場が足りず1万6100袋が放置されたまま!!!!!



もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

そして、
4年7ケ月で再稼働(発送電)をさせちゃいました。

自分の無力さを感じます。

なんてやつらだ!!!
やつらの頭の中をのぞいてみたい。


「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




プルサーマル発電ですよ。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・





◆東京五輪野球ソフト会場の隣に 放射能汚染ゴミの山
仮置き場が足りず1万6100袋が放置されたまま
 

 公園内に置かれた1万6100個を超える袋の山。福島第一原発事故で発生した放射能汚染ゴミだ。場所は2020年に開催される東京五輪の野球、ソフトボール会場「福島県営あづま球場」(福島市)のすぐそばである。(中略)
 県内各自治体の仮置き場にある汚染ゴミは、大半が大熊町や双葉町に建設中の中間貯蔵施設に移送され、30年間を上限に保管される。だが県庁所在地で人口密度の高い福島市では、仮置き場が足りず除染ゴミがいまだに家庭の庭先や公園などに放置されている状態だ。(中略)

国の方針に問題があるとするのは、明治学院大学の熊本一規教授(環境政策)だ。
 「汚染ゴミは、福島第一原発周辺など無人になっている場所で集中的に管理すべきでした。それをあちこちに仮置き場を作ってしまったため収拾がつかず、事故から6年たっても生活圏に汚染ゴミが放置される事態になっているんです」
 このままでは大量の汚染ゴミの隣で、選手が競技をすることになりかねない。
   《フライデー7月21日号より抜粋、取材:桐島 瞬(ジャーナリスト)》

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
8月12日です。


◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
9月9日です。
10月14日です。
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

米国の原発論争  竹田茂夫 (法政大教授)

■ 【環境 blog です

人気ブログランキングへ ポチッとしてくれると小躍りして喜んじゃいます。

危険な原発 vol. 2187:米国の原発論争  竹田茂夫 (法政大教授)!!!!!



もう、後悔したくないんです!!!!!!!




  こんな国に生まれ、

 何も抵抗できずに

 放射線障害になってしまうであろう

 子どもたちの運命を

 放置してもいいのでしょうか。

 私たち大人には、

 原発を止められなかった責任があります。

 対岸の火事ではありません。




ここ四万十町のすぐ近くにもあるんですよ。
たった 60キロメートルの所にあるんですよ。

伊方原発
H24年1月13日より、全基(1~3号基)止まりました。

そして、
4年7ケ月で再稼働(発送電)をさせちゃいました。

自分の無力さを感じます。

なんてやつらだ!!!
やつらの頭の中をのぞいてみたい。


「電力」 は十分すぎるほど足りている!

「安全」 ではない!!

「安価」 ではない!!!

「クリーン」 ではない!!!!

「経済」 は原発とは無関係!!!!!

「他電力」 の代替案も提示!!!!!!

「経営」 は役員報酬もたっぷり払えるほど
黒字!!!!!!!

「安定供給」 は“ガスコンバインドサイクル
発電”で十分対応!!!!!!!!

「核のゴミ」 の処理方法はない・
増やすのみ!!!!!!!!!

「核のゴミ」などと軽い言葉ではなく、
『放射性廃棄毒物』 なのだ!!!!!!!!!!


これだけのデメリットを

凌駕するだけのメリットが

どこにある!?




プルサーマル発電ですよ。
・・・・・中央構造線活断層帯が真下に通っているのに。





↓ コピーは、四万十町:大村和志
          通称コンちゃん

◆原発:デモ原発残って・・・・
◆原発:デモ犬


言葉の力
未来を切り開く。


◆原発:デモ地球をなんだと・・・・・





◆米国の原発論争  竹田茂夫 (法政大教授)
 

 米国で原発論争が再燃している。地球温暖化を否定する現政権や超保守派を除くと、温暖化ガスを出さないことを論拠とする原発擁護派と風力や太陽光の再生可能エネルギー推進の反原発派の科学論争に、将来ビジョンの相違や石炭・原発・ガス等の各業界の利害対立が絡む。焦点はベースロード電源として原発が必要か否かに絞られる。再生エネ推進派は、風や光の発電の不安定性は蓄電設備の充実、電力の地産地消、電力網のシステム化、電気自動車の普及等で克服可能とする。
 論争の背景には米国内の原発退潮の現実がある。米国では99基の原発が稼働中だが、将来は明るくない。最大の要因は安価で豊富な天然ガスと、9・11の航空機テロや3・11の福島事故(東電福島第一原発事故)を見据えた原発規制強化だ。
 注目すべきは東芝の失敗が原発の苦境の象徴とみられている点だ。実際、建設中の原発は4基のみで規制強化や現場力の衰退などで工期は大幅に遅れコストは膨らんでいる。
 フランスを超える巨大経済圏、先進のカリフォルニア州が米国の将来像だ。再生エネは電力の4分の1を占め、2030年までに5割を超える目標は前倒しされ、その後20年以内に100%になる可能性もある。カリフォルニア州の最後の原発も7年後の廃炉が決まっている。日本の停滞は明らかではないか。
(7月6日東京新聞朝刊27面「本音のコラム」より)

たんぽぽ舎より



高知県は
伊方原発の風下になります。


福島原発から
300km先にも放射能は届いています。


伊方原発から
300kmは四国を放射能が覆います。


日本の原発から
300kmはほとんどを放射能が覆います。







もぉ~~~~~~~
いい加減、
もぉ~~~~~~~
いい加減、

気づこうぜよ!!!!








「脱原発四万十行動」

継続は力なり!!

毎月、
第2週土曜日は、
『脱原発デモ行動の日』

次回は、
8月12日です。


◎ 四万十市:赤鉄橋下の公園集合

今後の予定は、
9月9日です。
10月14日です。
11月11日です。
12月9日です。


飛び入りでもかまいません、
多数のご参加をお待ちしています!!






伊方が止まるまで・・・・・・・、

伊方が廃炉になるまで・・・・・・・・。






原発は、廃炉です。






原発:絵ブーゲンビリアさん




ん、だば。 四万十:川ちゃん

【環境 blogランキング】に参加しております。
よろしかったら下の緑四角い所をクリック願います。

人気ブログランキングへ
一日一回、あなたのワンクリックが
四万十川環境保全をしているものの励みとなります。



山本太郎さんと共に ⇔ 川ちゃん(川下徳之)

Appendix

川ちゃんも、人類も、所詮地球の一部です

かれんだー (目指せ、日々更新! おーっ)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

E:めーる

名前:
メール:
件名:
本文:

四万十川に惚れ込み、 ここに生きます!!

残念ながら、四万十川は世間で言われているほどキレイではありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、じゅうぶん再生可能な川です 四万十川がたくさんの人たちの期待通りの川として蘇るために、まず自分から動きます。
「昔は、対岸が透けて見えるほどキレイじゃった!」 「ホウキで岸に掃いて獲れるほど、アユがおった!!」昔を知る人は云う。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どれほど美しかったのだろう??   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・美しい四万十川を見たい!   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extra

ぷろふぃ~る

四万十:川ちゃん

Author:四万十:川ちゃん
名前:川下 徳之(カワシタ ノリユキ)
老若男女ニューハーフおかまチャン
  ⇔ 「川ちゃん」 と呼んでくだされ
性別:男
職業:専業主夫
年齢:56才
誕生日:S35年12月17日
思い:四万十をこよなく愛し、
    大地(チキュウ)をこよなく愛し、
    環境に正しく接することを
    心がけています。

    ただ今、
    「脱被ばく」・「脱原発」
     にフルスロットル!!
   

今が旬のきじ

環境に正しい かてごり

ようこそ 四万十へ

川ちゃんの呟き

川ちゃんの繋がり